プロフィール・はじめての方に読んでほしいおすすめ記事

スポンサーリンク

 

タケダノリヒロ( @NoReHero

はじめまして。当サイト『タケダノリヒロ.com』をご覧いただきありがとうございます。

こちらは、タケダノリヒロとブログについての紹介ページです!

タケダノリヒロとは

経歴

  • 1989年 熊本県熊本市生まれ
    • 小中では学年トップクラスの成績、バスケ部でもキャプテンを務めるなどただの優等生
    • 高校では成績は中の中、部活も万年補欠という、典型的な「十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人」の早熟パターン
  • 2008~12年 早稲田大学国際教養学部
    • 英語が得意という理由で、まわりが帰国子女だらけ&授業を全部英語でおこなう学部に入ってしまい、「純ジャパ」コンプレックスに陥る
    • サークルはテニスとバンド(チャラくはない)
    • アイルランドのダブリンに10ヶ月留学して、英語と海外への不安がなくなる
    • タイ山岳民族支援のNGOでのボランティア(1か月間)で、国際協力・国際交流の面白さを知る

大学4年の夏休み。タイ山岳民族地域の小学校にて。

  • 2012~15年 大手菓子メーカー勤務
    • 「世界の子どもたちに貢献する」というビジョンに共感して、大手菓子メーカーに入社
    • 2011年東日本大震災の直後だったので東北配属の希望を出して、仙台の支社で営業として働く
    • 仙台・山形のスーパー・問屋に対して、企画提案型営業をおこなう
    • 仕事の傍ら震災復興関連NPOのボランティア活動に参加
    • 自ら企画した「お菓子の家教室」がきっかけで働き方に疑問を抱いて退職

菓子メーカー時代に企画の宣伝で出演した仙台のローカル番組『あらあらかしこ』

  • 2016~18年 青年海外協力隊・ルワンダ派遣
    • コミュニティ開発という職種で、水・衛生環境の改善に従事
    • 水や衛生に関してはド素人。さらにその地域に派遣される隊員も初めてだったので、当初は仕事がないし、何をしていいかすら分からないという状態
    • 自分に出来ることを探し回って、現地調査、学校における衛生クラブの組織化、学校と地域を巻き込んだ啓発イベントの開催などに取組む
    • 他にもフライドポテト販売による収入向上支援や、IT教育支援石鹸づくり支援、日本人旅行者のホームステイ仲介などをおこなう
    • ルワンダ派遣直後の16年2月からブログを本格稼働。17年6月には10万PVを突破
    • オンライン講座でWebデザイン(HTML・CSSなど)を勉強。コンテストで最優秀賞を受賞。受賞作品はルワンダで運営予定のスタディツアーのデモサイト


↑現地調査と並行して作成した『1000 Smiles on 1000 Hills』。ルワンダ農村部の人たちの笑顔を集めました。

  • 2018年 帰国・結婚準備
    • 2018年1月に帰国。
    • 現在は実家の熊本に滞在中
    • 協力隊修了に合わせてブログの収益化スタート。3月現在は月数万円の収益
    • 夏に挙式予定。4月からは準備のため関東に住む予定
    • 夏に結婚式を終えて、再びルワンダへ

タケダノリヒロをひとことで表すと

タケダノリヒロをひとことで表すと、「大手菓子メーカーを辞めて、青年海外協力隊としてルワンダでボランティア活動をし、当国でスタディツアーを運営予定の人」です(ひとことじゃない)。「起業家」とか「経営者」と言い切れないのがもどかしいところ。

何者かを断言するのは現時点では難しいのですが、自分のタグ(属性)は「国際協力」「アフリカ・ルワンダ」「起業」「遠距離恋愛」「ブログ・ソーシャルメディア」となっています。

現在は協力隊を終えて日本に滞在中の、ただの「ブロガー・ライター」(またの名を無職)です。ただしルワンダでの経験を伝える出前講座のご依頼もいただいて、この3ヶ月で5回の講演会・ワークショップを実施させてもらいました。

「なんですぐに起業しないの?」と思われるかもしれませんが、日本に滞在しているのは結婚式を挙げるため。2018年夏に彼女と挙式したら、ルワンダに戻ってスタディツアーを中心としたビジネスを立ち上げます。

彼女も派遣国は違いましたが、同時期に活動していた元協力隊員。2年間アフリカ同士で遠距離恋愛をしていました。結婚したら彼女もルワンダに一緒に来てくれるので心強いです。

ブログの収益化

いま(18年3月)はブログの育成に集中的に取組んでいます。協力隊の任期中は「利益を得てはいけない」というルールがあったため、ブログの収益化は帰国した18年1月からスタート。

もともとアクセス自体は12万PV前後あったため、すぐに月数万円の収益は得られるようになりました。ルワンダに戻るまでにサラリーマン時代の月収(20万円)を超えられるように、地道に記事を書いているところです。

お金はなくても生きていけますが、お金があれば人生の自由度が増します。好きなことを我慢せずにできるようになります。

「好きなことを仕事にしたい」「自分の名前で働きたい」と思っている私にとって、ブログは継続的にお金を生み出してくれる「土地」のようなものであり、宣伝広告をしてくれる「看板」のようなものでもあります。

ただしブログによる収益は基本的に広告収入なので、「人の褌で相撲を取る」もの。それも悪いことではないですが、自分自身で新しい価値を生み出していきたいので、あくまで補助的なものとして「○○×ブログ」という形で取組んでいきます。

計画中のスタディツアー

これからメインで取り組んでいくことが、ルワンダでのスタディツアー。「※START(Study Tour at Rwanda for Tomorrow)」という、ルワンダの歴史と文化とビジネスを学べて、農村部でのホームステイやボランティアを体験できるプログラムを考えています。ターゲットはおもに日本の大学生や若手社会人。

スタディツアー「START」のデモサイト

※リンク先はデモサイト。内容・料金はすべて仮のものです。

私にとっての社会貢献とは、「可能性を発揮できていない人を、スタートラインに立たせること」。「国際協力やアフリカに興味があるけど何をしていいのかわからない」という若者に「きっかけ」を与えること、そしてルワンダの人々にとっての世界への「入口」を開くことがこの事業の目的です。

私のキャリアの第一章は大企業の会社員(2012~15年)、第二章は青年海外協力隊(2016~18年)、第三章がルワンダ起業(2018年~)であり、いまはちょうど二章と三章の間。

「偉そうなこと言ってるけど何もやってないじゃん!」というお声もごもっとも(言われてないけど)。現在は状況的に準備期間にならざるを得ないので、「もっと面白い活動が見たい!」という方はルワンダに戻るまでもう少々お待ちください。それまでは日本でできることを探しながら、コツコツがんばります。

当ブログについて

ブログの規模

2016年2月からスタートしたこのブログ。現在は15万PV/月(5,000PV/日)前後です。

※PV=ページビュー。何回ページが見られたかという指標。

PVと言われてもあまりピンとこないと思いますが、リサーチバンクの調査によると「1日501以上PVがあるブログはわずか3.3%」だそうです(ただし最新のデータでも2013年と古いですが…)。

Q. ブログの1日の平均アクセス数を教えてください。
※単一回答/ブログを登録していて、現在も更新している人(n=847人)
↑このブログは最上位の3.3%に入る規模
参考:リサーチバンク

1日501PV以上で上位3.3%なら、5,000PVあるこのブログは上位3%には余裕で入っているということになります。何が言いたいのかというと「このブログは結構読まれている」ということです(ドヤ)。

得意ジャンル

ブログにおける得意ジャンルは以下の3つ。

【得意ジャンル】
国語系コンテンツ(読書レビュー、邦楽の歌詞考察)
ローカル×グローバル(海外での生き方・働き方、青年海外協力隊、国際協力)
アラサー男子の恋愛観(アフリカ遠距離恋愛、結婚準備)

国語系コンテンツ

現在当ブログのアクセス数にもっとも貢献しているのが「国語系コンテンツ」。

歴史的名著をマンガ化し、200万部を越えるベストセラーとなった『君たちはどう生きるか』のレビュー記事は、直近1か月で18,000PV

サピエンス全史』や『学問のすすめ』など有名作品のレビュー記事も「要約」「解説」などのワードで検索すると1ページ目に出てくるため、友人や親戚からも「検索したらノリのブログが出てきた!」とよく驚かれます。

ご自分の作品を宣伝したい著者の方は、献本いただければ無料でレビュー記事を書きますのでご連絡ください。

書籍の内容を簡単な言葉や図で解説して、感銘を受けた点を強調しつつ、単なるネタバレに終わらせず「要約だけじゃなくて本を読みたい!」と購入につながるような記事を作成します。

レビュー記事を読んだ方の感想↓

邦楽の歌詞考察」も得意分野です。もともとバンドをやっていたこともあって音楽が好きで、特にMr.Children星野源さんの歌詞は思い入れがあるので考察記事をよく書いています。

歌詞考察記事を読んだ方の感想↓

ローカル×グローバル

「ローカル×グローバル」をテーマにした記事は、検索にはなかなか引っかかりませんがSNSでシェアすると良い反応をいただけるジャンルのひとつ。

たとえば、ルワンダでフライドポテトの手売りに挑戦したときの様子を動画で伝えた「ルワンダでフライドポテト売ってみた」シリーズは、Twitterなどで想像以上に大きな反響をいただき、その後に初めて会った方々からは「あっ、あのフライドポテトの人ね!」と何度か言われたほど。

また、途上国生活の楽しさや大変さについて書いた記事も、多くの海外在住者・経験者の方々に共感いただいています。

アラサー男子の恋愛観

3つ目の得意ジャンルが「アラサー男子の恋愛観」。この分野の記事は圧倒的に女性からの反響が大きいです。

遠距離だったためなかなか恋愛記事を書けなかったのですが、もうすぐ遠距離も終わり「結婚準備」という新たなステージに進むので最近また復活しています。

恋愛記事はこちらにまとめています→「恋愛記事まとめページ~コラム・男の戒め・遠距離恋愛・エンタメ~

スポンサーリンク

その他おすすめ記事

【青年海外協力隊】ルワンダでの2年間の活動をまとめました

凡人に足りないのは「センス」ではなく「考える量」

タケダが紹介された記事・インタビュー

私とこのブログのことを紹介して頂いている、ほかのサイトやブログをご紹介します!

43 メチャクチャ良かった、間違ってなかった青年海外協力隊 | Fairly.fm(2018年2月16日)

NPO/NGO、国際協力、ソーシャルな活動、海外生活を紹介する社会派ポッドキャスト『Fairly.fm』さんに出演させてもらいました。協力隊に参加するまでの経緯、ルワンダでの経験、これからのことなど約1時間話しています。

【Interview】アフリカ・ルワンダでウクレレとともに:タケダノリヒロさん | Ukulele Liberty(2018年1月19日)

私は趣味でウクレレをやっていて、ルワンダでもライブを開催したりしていました。その活動に興味をもってくださったウクレレメディアの『Ukulele Liberty』さんによるインタビュー。

2018年僕が勝手に注目するアフリカ活動家13人 | ナイケルジャクソン冒険記(2018年1月13日)

ルワンダ青年海外協力隊の先輩であり、アフリカ起業家の先輩でもあるナイケルさんが選んだ「注目のアフリカ活動家13人」のひとりに選出いただきました。「現役青年海外協力隊は除く」という選考基準なので、わざわざ私の帰国(1月12日)直後にアップしてくださったそうです…!こんなにうれしいことはないですね。

【2018.1.31更新】アフリカ関連Twitterユーザーのまとめ| ナイケルジャクソン冒険記(2017年11月12日)

前述のナイケルさんに、「アフリカ関連Twitterユーザー」としてもご紹介いただきました。このときはフォロワー2,000人を超えたばかりでしたが、3月現在は2,500人ほどまで増えています。フォローして頂けるととても喜びます!

国際協力に関わりのあるオススメのブロガーやウェブサイトの紹介 | Shota’s Blog(2017年10月31日)

国連職員になりたい方のために情報発信をされている亀山 翔大さんのブログ。こんな風に紹介されていて、ほっぺたが筋肉痛になるぐらいニヤニヤしてしまいました。

現地でのJICA/JOCVの活動を含めて、タケダノリヒロさんが感じたことや考えていることを写真や動画、スライド、報告書など様々な形で情報発信されています。その一つ一つがとても心打たれるような内容だったり、ハッと気づきを与えてくれたりと、タケダノリヒロさんの感性やその文章力にとにかく脱帽です。将来書籍化されるんじゃないかと密かに期待しております。

ブログの成長に集中しているため手が回っていますが、書籍化ももくろんでいます!

【海外移住・留学・ワーホリ】情報を得られる世界各地の日本人ブログ一覧 | 1QQ2(2017年8月9日)

ニュージーランドで新卒を捨て、彼女を追いかけてきた男(マーディさん)が書くブログ。海外移住に関して情報を得られる各国のブログのひとつとしてご紹介いただきました。

【海外在住日本人特集】ルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』運営 タケダノリヒロさん vol.315 | KAYOREENAのINDIA BLOG(2017年8月3日)

読みながら思わず「めっちゃファンじゃん!」と言ってしまった、インド女子・カヨリーナのブログ。どのサイトよりも詳しく紹介してくれています。

ノリヒロさんの記事はルワンダのことはもちろんのこと、自分の好きな音楽や本の話や、遠距離恋愛の彼女の話とか、ノリヒロさん自身のことをいろいろ語られていたんですね。

私はそれまで、インド以外の話、つまり自分の話をするということを避けていたのですが、こうやって、誰かの話を読むことは全然嫌じゃなくて、むしろ読み手に安心感や親近感、共感を与えるものなんだなと思ったのです。

そんなきっかけで、私は自分のブログの書き方を取り戻しました。そこからずっとノリヒロさんのファンとしてブログを読んでいます。

チャラいのに社会貢献に熱い男!ルワンダの青年海外協力隊、タケダノリヒロさんにインタビューしてきた! | Kei Kawakitaオフィシャルブログ(2016年2月18日)

ネパール青年海外協力隊だったKeiさんのブログでのインタビュー。ブログも協力隊も駆け出しの頃なので、いま読み返すと恥ずかしい。

好きなモノ

好きなものを一覧にした「偏愛マップ」(提唱者は齋藤孝さん)。

齋藤孝さんが提唱する「偏愛マップ」を参考にしました

自分の名前で仕事をする」が目標なので、ブログやTwitterでは「タケダノリヒロ」を構成するこの辺の趣味についてもどんどん書いていきます。

SNS・寄稿メディア

SNSなど

どんどんフォローしてください!

LINE@https://line.me/R/ti/p/%40pcg6465o

Twitter@NoReHero

Facebookページhttps://web.facebook.com/norehero415/

寄稿メディア

・アフリカに挑戦する日本人の為のニュースメディア『Africa Quest.com

・日本が驚く海外の常識をレポートする、トラベロコのオウンドメディア『海外ZINE

ブログのWordpressテーマ

このブログにはTCDという会社の「MAG」というテーマを使っています。

「MAG」やその他のおすすめテーマの魅力については、『【2018年】ブログに最適なおしゃれWordPressテーマ・ベスト3』の記事を参照。

ルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』

ルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』も運営しています。

Rwanda note

ルワンダの「音」が聴こえてくるようなリアルな情報を、記録し、発信するための「ノート」です。

「タケダのことはどうでもいいから、ルワンダのことだけ知りたい!」といういけずな方は『ルワンダノオト』をフォローしてください!

お仕事依頼・ご相談はこちらの「【お問い合わせ】タケダへの仕事・取材依頼について」をご覧ください。

アフィリエイトリンクについて

『タケダノリヒロ.com』は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

広告配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。

DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でサイト利用者に表示できます。

サイト利用者は下記のGoogleアカウントの広告設定ページで、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info のページにアクセスして頂き、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。

その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

スポンサーリンク




LINE@の登録はこちら↓

なぜか好評な恋愛記事↓

なぜか好評な恋愛記事↓

ルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』↓

ルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』↓

ルワンダ・スタディツアー「START」

ルワンダ・スタディツアー「START」




  1. 遠距離恋愛・結婚

    プラコレのウェディング診断を使って式場を探してみた~式場探し日記~
  2. 遠距離恋愛・結婚

    【2018】結婚式で使いたい曲ランキング~洋楽&邦楽TOP5~
  3. 生き方・働き方

    やりたいことを整理する3ステップ~インプット&アウトプットの渋滞解消~
  4. 遠距離恋愛・結婚

    東京の結婚式場ランキング!アラサー夫婦がブライダルフェアに行ってきた
  5. 生き方・働き方

    5月26日(土)「ルワンダノオトの勉強会」開催します!~大企業を辞めて社会起業す…
PAGE TOP