【2018年】ブログに最適なおしゃれWordPressテーマ・ベスト3

スポンサーリンク

タケダノリヒロ( @NoReHero

WordPressでブログを運営する際に、もっとも重要と言っても過言ではないのが「テーマ」選びですよね。

これからブログを始めてみたいけど、どのテーマを使っていいかわからない!

WordPress使ってたけど、いまのテーマに飽きたから他のに乗り換えたい!

と思って検索してみても、おすすめされているテーマが多すぎて、それを見てるだけで疲れちゃいますよね。「100選」とか地獄です。

この記事では私が実際にこれまで使ってきた(現在も使っている)テーマを、ランキング形式で3つだけ紹介しています。

長い時間をかけて吟味しただけあって、どれもお気に入りです

なので、ネット上に散乱している膨大な量のおすすめテーマから探さなくても、ここに掲載しているものから選べば間違いないと思います。

紹介しているのは「MAG」(このブログのテーマ)、「ストーク(STORK)」(サブサイトのテーマ)、「マテリアル」(昔使っていた)の3つ。

「選んでる時間と労力がもったいない!」という方は、私のおすすめ3テーマをチェックしてみてください。

第1位 MAG(TCD)~上質なミニマルさが魅力~

まずはこのブログのテーマでもある「MAG」。

どうです、この高級感ただようシンプルさ。ああ美しい……。

MAGを使用した当ブログトップページ(スマホ)

 

PCで見るとこんな感じです。

MAGを使用した当ブログトップページ(PC)

私が愛してやまないMAGの魅力はこちら。

【MAGのここが好き!】
ツヤ感・高級感のあるシンプルさ
簡単にカスタマイズできる
【MAGの欠点】
機能では他テーマに劣る

「丸」を活かしたツヤ感のあるデザイン

まずはなんと言ってもこのシンプルな「デザイン」。これに尽きます。

「シンプル」と「ダサい」は紙一重。考えなしのシンプルさだと、素人が紙に鉛筆で描いた落書きのように「ショボさ」が際立ってしまいます。

だからついつい色を足したり、装飾を付けたりしたくなっちゃうんですが、そうするとごちゃごちゃして余計に野暮ったくなってしまうんですよね。

でも、「MAG」はシンプルさのなかにもエレガントさがあるので大丈夫。たとえば、このプロフィール欄。

プロフィール写真は自動で丸く切り抜かれます

一切余計な色を使っていないのに、写真が丸くなっていることでなんとなく上品さを感じますよね。もちろん元の写真は四角いんですが、アップロードするだけで自動で切り抜かれます

SNSボタンもシンプルに

私がブログのリニューアル時にこだわったのは「いかに少ない色でお洒落感を出すか」。

WordPressで嫌だなと思っていたのが、SNSボタンの色づかい

記事を拡散するうえで無くてはならないものですが、バラバラのサービスを寄せ集めてあるので、当然色合いにもこんなふうに統一感が失われてしまいます。

「左寄せ+color」にした場合

でもMAGならこれをモノクロにすることができるんです。

「左寄せ+mono」にした場合

すっきり!やり方は簡単で、「ソーシャルボタンの設定」の5タイプから「mono」を選ぶだけ。

「mono」や「color」などでボタンの色を変えられます

もちろんカラーの方が良ければ、色付きのものにすることも可能です。

基本カスタマイズは簡単

初心者にとって鬼門となるのが「カスタマイズ」ですよね。

ロゴや色など、基本的な設定を変えようと思っても最初はそれをどこで変更できるのか分からず、出だしでつまずいてしまう方も多いかもしれません。

でもMAGには「TCDテーマオプション」という機能があり、ここで基本的なカスタマイズは全部設定できちゃうんです。

「TCDテーマオプション」の項目をひとつずつ好きに変えていくだけ

「TCD」とは、株式会社デザインプラスが提供するお洒落で高機能なWordpressテーマのシリーズ。

MAG以外にも美容室向け、女性向け、メディア向けなどさまざまなテーマがTCDから販売されています。

TCDのテーマ一覧 画像出典:TCD

もし分からないことがあれば、TCDの公式サイト「TCD LABO」によく質問のあるカスタマイズ方法がまとめられているのでとても頼りになります。

TCD LABO | WordPressテーマTCDのカスタマイズを研究するサイト

WordPressテーマ選びのポイントのひとつとしては「検索して解決方法が見つかるかどうか」が重要だと思っています。

有名なテーマでも国産でなければ英語の説明しかなかったり、おしゃれでもユーザーが少なければ問題の解決方法が出てこない可能性があります。

その点TCDのテーマは使っている人も比較的多いですし、自社でFAQをまとめたサイトまで用意してくれているので安心ですね。

機能では他テーマに劣る

唯一欠点を挙げるとすれば、「機能では他のハイスペックテーマに劣る」かなという点。

後述の「ストーク」は有名ブロガーのジュンイチさんが監修しただけあって、ブロガーの「痒い所に手が届く」感がすごいんです。

MAGを使っていると、「ストークではこれができるのになあ……」と思うこともしばしば。

しかし、私がもっとも重視しているのは全体的なデザインです。その点でMAGに勝るテーマにはまだ出会っていません

機能的な部分は自分自身が慣れればいいだけのこと。「考えて、書いて、見せる」というブログの根本的な作業に変わりはありませんからね。

「おすすめのテーマを1個選べ」と言われたら、間違いなくこれ

税込み10,980円とすこしお高めですが、本気でブログとマネタイズするならそれくらいすぐ元を取れます。買って損はしませんよ。

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

第2位 ストーク(OPENCAGE)~かわいい高機能を簡単に~

つぎにおすすめなのが、私が運営するルワンダ専門情報サイト『ルワンダノオト』で使っている「ストーク」。

魅力はモバイルに特化したポップなデザインと、インパクト抜群のヘッダー&スライダー

『ルワンダノオト』のトップページ(スマホ)

 

PCで見るとこうなります。

『ルワンダノオト』のトップページ(PC)

ページ開いたときのこの画面で「ちゃんとしてるな」という印象を与えることができますよね。優れたデザインはサイトへの信頼感につながります

私がストークを気に入っている理由は以下の3点。

【ストークのここが好き!】
ポップでおしゃれなデザイン
便利なショートコード
【ストークの欠点】

似たようなサイトが多い

ポップでおしゃれなデザイン

まずはこの明るくてかわいらしいデザイン

目を惹くヘッダー画像とランディングページへの誘導

ヘッダー画像の上にメッセージを載せたデザインもお洒落ですし、特に見てもらいたいページへ誘導できるのも便利ですよね。

箇条書きなど細かいところも配慮が行き届いています。

箇条書き

記事下の前後の記事に移動するボタンや、レコメンド(おすすめ)記事もデフォルトですでにかわいいです。

記事下

便利なショートコード

ストークで便利すぎてびっくりしたのが「ショートコード」機能。

注意説明や補足説明をHTMLやCSSを使わずに「ビジュアル」画面(普通の文章入力画面)でさらっと挿入することができるんです。

こちらが注意説明。

[aside type=”warning”]※2017年11月現在、~[/aside]

とすると、こうなります↓

注意

[aside type=”normal”]各種料金~[/aside]

とすると、こう↓

コメント

勝手に注意や吹き出しのアイコンが付与されるのがありがたいです。見出しもシンプルでいいですね。

似たようなサイトが多い

ただし難点は人気テーマ過ぎて、似たようなデザインのサイトが多いこと。

ストークを販売しているOPENCAGEは、ほかにも「アルバトロス」「ハミングバード」「スワロー」というラインナップをもっており、それぞれ特徴は違えど基本的な構造は似ています。

そのため、「あれ、このデザイン、どっかで見たことあるなあ……」という印象を与えがち。

とは言え、ブロガーでもない限り「このテーマ、○○さんと同じだ!」なんて思いませんよね。

たまたま検索してたどり着いたふつうの人なら、そんなこと気にならないはず。

それでもほかの人と被りたくない方は、サイトカラーを変えれば問題なし。簡単です。

同じテーマを使っている人が多いということは、それだけカスタマイズの参考にできる素材も多いということ。

デメリットにもなり得ますが、それでもストークをはじめ、オープンケージのテーマは選んでまず間違いないです。

値段は税込み10,800円とすこしお高めですが、本気でブログとマネタイズするならそれくらいすぐ元を取れます(2回目)。

初心者の方なら、まずは無料テーマで作ってみて「ブログ、続けられそう」「レベルアップしたい」と思ったときに有料に切り替えればいいと思いますが、ある程度経験がある方なら思い切って高品質な有料テーマを使ってみるのもありだと思います。

 

オープンケージのテーマはどれも捨てがたい!間違いなくハズレはなしです!

第3位 マテリアル~無料なのにおしゃれで高機能~

最後に紹介するのは「マテリアル」。これは無料テーマです。無料ばんざい。なのにめちゃくちゃ使いやすいです。

ブログ用WordPressテーマ マテリアル

私はこのマテリアルを使って、1年半ほどで月間10万PVを達成しました。PVを増やすだけなら、全然有料テーマなんて使う必要ないんです。

おすすめポイントはこちら

【マテリアルのここが好き!】
無料!
カテゴリがトップページにカード一覧で表示される
【マテリアルの欠点】
カスタマイズの限界

カテゴリ一覧が見やすい

マテリアルで一番気に入ったのがトップページの表示方法それぞれのカテゴリがカードのように並んでいるんです。

トップページに一覧で表示されるカテゴリと記事 画像出典:当ブログ旧デザイン

多くのブログのトップページは記事が更新順に並んでいるため、古い記事はどんどん下に埋もれてしまうんですよね。

でもこれなら各カテゴリが一覧で表示されているので、各カテゴリをまんべんなく見てもらうことができます。

あとは全体的にのぺっと&ぽってりした印象のデザインも可愛いです。

カスタマイズ方法も公式サイトに詳しく解説されていますし、特に困った記憶はありません。

カスタマイズの限界

ただし、無料なので当然上記2つの有料テーマと比べると機能的にできることは限られています。

それでも初心者やデジタルが苦手な方には十分すぎるほどの機能が備わっているので、一度試してみる価値はあると思います。

「無料ブログで人とはちょっと違うデザインにしてみたい」という方には、このマテリアル、おすすめです。

以上、「MAG」「ストーク」「マテリアル」という3つのWordpressおすすめテーマをご紹介しました。

各テーマの特徴をまとめると、こんな感じ。

【2018年おしゃれWordpressテーマ・ベスト3】
①MAG:ツヤ感・高級感のあるシンプルさ、簡単カスタマイズ、機能ではストークの方が上(税込み10,980円)

②ストーク:ポップでかわいい、便利なショートコード、似たサイトが多い(税込み10,800円)
③マテリアル:ぽてっとしたフラットデザイン、無料、トップにカテゴリ一覧表示(無料)

お洒落で頼りになる相棒を見つけて、素敵なブログライフを!

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

ブログ用WordPressテーマ マテリアル

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

スポンサーリンク




LINE@の登録はこちら↓

なぜか好評な恋愛記事↓

なぜか好評な恋愛記事↓

ルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』↓

ルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』↓
  1. AFRICA・WORLD

    海外ホームステイ・長期滞在に便利な持ち物リスト25~途上国向け~
  2. AFRICA・WORLD

    動画「『学校?そんなの関係ねえ!』盛り上がりすぎなアフリカ・ルワンダの歌とダンス…
  3. AFRICA・WORLD

    旅が好きな人はやさしい
  4. JICA・JOCV

    食事は1日1回、トイレは屋根なし…ルワンダ農村部の暮らし
  5. AFRICA・WORLD

    海外在住者が「がんばれない」理由。外国語環境で脳は想像以上に疲弊する。
PAGE TOP