1. 読書

    ナナメの夕暮れ(若林正恭)感想、名言〜グランデを頼めないのは自意識過剰?〜

    最近寝る前にエッセイを読むのにハマっている。ずっと気になっていた、オードリー若林さんの本『ナナメの夕暮れ』を読んだ。勘弁してよ、と思った。面白くて、熱くて、それでいて葛藤に満ちていて、共感のあまり眠れなくなってしまったのだ。「人見知り芸人」「気にしすぎ芸人」の代表のような存在だった若林さんのことだから、タイトル通りちょっと斜に構えた視点でクールに世の中を捉えたような…

  2. エッセイ

    寄付ってやっぱり難しい

    1月2日。新年早々、もやっとしてしまった。ルワンダ人の知人Aさんにお金がほしいと言われ、断ったからだ。彼が必要としていたのは、高校生の娘の学費、約1.4万円…

  3. エッセイ

    月給2000円の仕事を「奇跡」と呼ぶ男

    「お金は明日でいいよ」5年前、東アフリカはルワンダの農村部でボランティアをしていたときのこと。近所の商店のおじさんに、そう言われた。ペットボトルの水を買いた…

  4. エッセイ

    我が子のような自社商品

    会社員と起業家の違い。たくさんあるけれど、ひとつは「商品への愛情の深さ」だと思う(少なくとも私の場合。異論は認める)。現在、来月開催するオンラインプログラム…

  5. エッセイ

    向き合うのでなく、同じ方向を向いて歩くこと

    「私、この時間結構好きなんだよね」と妻が言った。「この時間」と言うのは、外食したあと夜道を家まで歩いて帰る時間のことだ。近隣国では夜道を歩くなんてもってのほ…

  6. エッセイ

    「君が僕の前に現れた日から、何もかもが違く見えたんだ」と言える日まで

    「生まれたときの記憶なんてないから、誕生日でうれしいのは自分より親のほうかもね」と、誕生日の朝、妻が言った。たしかに。毎年みんなに祝ってもらえてプレゼントま…

  7. エッセイ

    疑うは善、信じるは悪

    今日のお昼、妻がトマトクリームパスタをつくってくれている最中、ガスが切れてしまった。ルワンダでは、日本で一般的な都市ガスとは違い、ボンベとコンロをつないで使うプ…

  8. エッセイ

    食に興味のなかった私が毎日「おいしい」と言うようになった理由

    書いた人:タケダノリヒロアフリカのルワンダでスタディツアーや情報発信をする会社「アフリカノオト」を経営しつつ、国際協力機関にもコンサルタントとして勤務。妻と…

  9. 音楽

    親の車で聴いていた歌

    最近この方の歌にハマってます。Reneé Dominiqueさんというフィリピンのシンガーソングライター。いろんな有名曲をカバーしていて、ウクレレや…

  10. アフリカ・国際

    【寄付は迷惑!?】アフリカの高校生に学費支援して考えたこと【海外】

    アフリカのルワンダでスタディツアーや情報発信をしています、タケダノリヒロ(@NoReHero)です。みなさんは「寄付」という言葉を聞いて、どんな印象をもちま…







ルワンダ・スタディツアー「START」

ルワンダ・スタディツアー「START」

LINE@の登録はこちら↓

LINE@の登録はこちら↓

なぜか好評な恋愛記事↓

なぜか好評な恋愛記事↓

ルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』

ルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』

ARCHIVE

  1. アフリカ・国際

    動画「『学校?そんなの関係ねえ!』盛り上がりすぎなアフリカ・ルワンダの歌とダンス…
  2. 生き方・働き方

    「おとなの通知表」を付けよう!12の社会人基礎力&生きるチカラの三角形
  3. ブログ・デザイン

    タケダノリヒロのプロフィール・はじめての方におすすめの5記事
  4. 生き方・働き方

    5月26日(土)「ルワンダノオトの勉強会」開催します!~大企業を辞めて社会起業す…
  5. 生き方・働き方

    ルワンダの農村でフライドポテトを売ってみた→まさかの即完売!
PAGE TOP