BOOK

女子の「大丈夫」は「大丈夫じゃない、今すぐ来い」

作家のはあちゅうさんのKindle本が2日間限定で無料になってたので、さっそく読んでみました。

『社会人のための恋と仕事の教科書: 仕事上手は恋愛上手』

タイトル通り、恋愛と仕事に共通する考え方をカジュアルに書かれた本ですが、読んでタメになる気付きがたくさんあったので有料だったとしても読む価値はあったと思います。

特に「女子語」の話から、言葉の裏を読むことの大切さについて。

言葉は言葉通りの意味だとは限りません。
女子の「大丈夫」は「全然大丈夫じゃない、今すぐ来い」。
「なんでもない」は「言いたいことが山ほどありすぎて言葉にできない」。
「何してる?」は「私にかまえ」。
きりがないのでここで女子語講座はしませんが、 仕事の上でも、発言通りではなく、 相手の顔色と声色、つまり「空気」を読むことが必須です。
「あれまだ出来てない?」は「早くやって欲しい」。
「お手すきの時にお願いします」は「他に緊急対応が無い限り今すぐにお願いします」。
「割と厳しいです」は「まじで無理です」。
これは、社会人用語ではなく、発言の裏にある相手の気持ちにちゃんと気づいてあげられるかどうかの問題

 

「相手の気持ちにちゃんと気づいてあげられるかどうか」。これは恋愛でも仕事でもすごく大事ですよね。

仕事においては、頼んでいた書類が上がってこない時、「あの書類出してもらったっけ?」と自分の記憶を確認するように聞くことで「まだ出してもらってないから早く出せ」を暗に伝えたり。

これのやり過ぎで、ものすごく皮肉っぽくなっちゃってる人もいますけどね。

恋愛においては、男子のみなさん、女子語を読み取れるように一緒にがんばっていきましょう。

女子のみなさん、こういう「素直じゃない」女性は可愛いと思われることもありますが、それにしても世の中面倒くさい女子が多すぎです(自分の彼女が、とかではなく一般論として、なので、気にしないで笑)。

男もバカではないので、あまりに面倒くさい場合は言葉の裏に気づいていてもあえてスルーしていることもあると思います。

とは言え、女性に本音で弱音を吐いてもらえないのは男の器が小さいからだとも言えますね。

女性が強がっているときはその裏の弱さに気づいてさりげなくサポート出来て、弱音を吐きたいときは好きなだけ吐き出してもらえるような男になりたいものです。

女子語講座、あったらいいなあ。

他にも「こんな女子語があるよ!」というアイデアがあれば下記コメント欄か、Facebook、ツイッターなどでご意見をお寄せください(わりと切実)。

いっぱい集まれば当ブログで女子語講座開きますー。

タケダノリヒロ(@NoReHero

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

関連記事

  1. BOOK

    『日本3.0 2020年の人生戦略』要約・感想・未来を考える本110冊

    【2017/02/21 更新】NewsPicks編集長の佐々木…

  2. BOOK

    『世界から猫が消えたなら』感想〜「イマ」読むべきマーケット偏重型小説〜

    佐藤健主演で映画化もされた小説『世界から猫が消えたなら』、読みました。…

  3. LOVE

    映画感想『ビフォア・サンライズ』恋人に会いたくなる名言

    【2017/03/10 更新】会いたくなりますよ。こんなん観た…

  4. BOOK

    好奇心は正義!堪らなく勉強したくなる本『子どもは40000回質問する』感想

    こんにちは、ルワンダ在住ブロガーのタケダノリヒロ(@NoReHero)…

  5. BOOK

    『リクルートのすごい構”創”力』起業家絶賛!新規事業立ち上げ9メソッド~要約…

    テック系オピニオンメディアThe Startupを運営している梅木雄平…

  6. BLOG

    ブロガー必読!はあちゅう×DJあおいの対談本『言葉で心をつかむ』

    こんにちは、不覚にもロングペンバージョンのPPAPでちょっと笑ってしま…

ARCHIVE

  1. AFRICA

    動画「『学校?そんなの関係ねえ!』盛り上がりすぎなアフリカ・ルワンダの歌とダンス…
  2. BOOK

    『サピエンス全史』日本一わかりやすい書評・感想・要約~空白の地図を描こう~
  3. LIFE

    日本人が外国のために働いてはいけないのか?
  4. LIFE

    「未完成アイドル」の時代
  5. BOOK

    学問のすすめ(福沢諭吉)要約・現代語訳・感想~こども向け解説~
PAGE TOP