動画「『学校?そんなの関係ねえ!』盛り上がりすぎなアフリカ・ルワンダの歌とダンス」

スポンサーリンク

ルワンダ生活体験ムービー『暮らすルワンダ×旅するルワンダ』第4弾。今回は、ルワンダの歌とダンス

小学校で生徒たちが披露してくれました。

動画『『学校?そんなの関係ねえ!』盛り上がりすぎなアフリカ・ルワンダの歌とダンス』

動画の長さ:2分16秒

動画解説~ルワンダの歌とダンス~

最初に披露してくれたのが、イミシャヤヨ(Imishayayo)と呼ばれるダンス。

ルワンダの伝統的なダンス・イミシャヤヨ(Imishayayo)

ステップを踏み鳴らしながら、両腕を優雅に振って踊ります。

歌っている「ムラカザ・ネーザ(Murakaza neza)」は「ようこそ(welcome)」という意味です。「ありがとう」を表す「ムラコゼ(Murakoze)」とよく似ているので注意(誰得)。

見てるだけでいいかなと思っても無理やり引き込まれることもあります。心の準備をしておきましょう。

踊らされる青年海外協力隊の隊員たち

掲げた両腕が表しているのは、Ankole cowという牛のツノ

角が勇ましいAnkole cows 画像出典:Grist

こいつら、逃げ場のない細い道とかで遭遇するとめちゃくちゃ怖いです。

2秒後にはこうですよ。

フリーザ様にやられるあの地球人 画像出典:ドラゴンボール

治安が良いとは言え日本と比べれば危険も多いので、ルワンダにお越しの際はお気をつけて。

ルワンダで牛は貴重な財産。現在でも「One Cow per One Family」(1家族に1頭の牛を提供する)という政策があったり、結婚の際に相手親族に渡すもののひとつとされています。

これは結婚式でのダンス。

『Amazina y’inka』(牛の名前)という踊りで、新婦側にプレゼントするウシが素晴らしいものだということを表現しているんだとか。

結婚式のくわしい様子はこちらの記事で。

男性の伝統的なダンスはIntore(イントーレ)と呼ばれる戦士の踊りで、いまでもよく見かけます。

ルワンダ観光の目玉・ゴリラトレッキングツアーでも披露される踊り、イントーレ(Intore)

ルワンダ人は歌も踊りも大好き。

教会のミサに行くと「あれ、フェスかな?」と思うぐらい子どももお年寄りも盛り上がっています(特にプロテスタント)。

いまにもオッパッピーしそうな先生

ふだんルワンダ人はシャイでおとなしい人が多いんですが、歌とダンスに関しては別。日本の学校でこんなにアゲアゲになるシーンはなかなかないですよね。

みなさんもルワンダに来たら一緒に踊れるように、動画を観てしっかり予習しておいてください。

それでは!

参考文献:Manners in Rwanda

タケダノリヒロ(@NoReHero

↓ルワンダ生活体験ムービー『暮らすルワンダ×旅するルワンダ』バックナンバー↓

旅番組風ルワンダ動画!第1話『近所を散歩してみた』

旅番組風ルワンダ動画『地方の店ってどんなとこ?』〜コンビニ&レストラン編〜

旅番組風ルワンダ動画『高級ホテルのジムに潜入!』

タンザニア観光!ザンジバル・ストーンタウン情報まとめ(番外編)

スポンサーリンク




LINE@の登録はこちら↓

なぜか好評な恋愛記事↓

なぜか好評な恋愛記事↓

ルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』↓

ルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』↓

ルワンダ・スタディツアー「START」

ルワンダ・スタディツアー「START」




  1. 生き方・働き方

    国際協力の原点とこれから~海外ボランティア体験の場づくり~
  2. ブログ・デザイン

    ブログの価値を高める4ステップ~PVからコンバージョン(愛着)へ~
  3. アフリカ・国際

    旅が好きな人はやさしい
  4. ブログ・デザイン

    プロフィール・はじめての方に読んでほしいおすすめ記事
  5. ブログ・デザイン

    TechAcademy(テックアカデミー)で学んだ感想!初心者から2ヶ月で初仕事…
PAGE TOP