タケダノリヒロ.com

アフリカ・ルワンダ在住者の【音楽×読書×遠距離恋愛】ブログ

年末に!笑って泣ける映画『ニューイヤーズ・イブ』感想【ネタバレ無】

time 2016/12/17

【2017/02/13 更新】

めちゃくちゃいい映画観ましたーーー余韻に浸ってほっこりしたままこれ書いてます

もうすぐ年末ということで、今日観たのはこちら(Amazon primeなら無料!)
ニューイヤーズ・イブ (字幕版)

そこまで映画に詳しくないぼくでも知ってる超豪華なキャストと、気の利いたセリフまわしと、ここぞというときにかけてくる名曲のチョイスが素晴らしい

クセのある登場人物たちのくすっと笑えるやり取りと、ほほえましかったり切なかったりが交差する8つのストーリーで幸せな気分になって「ニューイヤー」を迎えましょう

あらすじはざっくり説明してますが、ネタバレなしの感想です!

映画『ニューイヤーズ・イブ』とは

トレイラー

予告編です

あらすじ

一年で最も煌びやかになる街、大晦日のニューヨーク。行きかう人々の頭の中は、今宵の年越しのカウントダウンを、誰とどこで迎えるかでいっぱいだ。

妹の結婚式に仲間とのパーティに、楽しい予定が詰まっているのに、心ここにあらずの男。去年の大晦日に出会った女性が忘れられないのだ。男が彼女と交わした、ある約束とは?偶然の再会を果たす、かつて恋人同士だった男女。別れたおかげで仕事に大成功を収めた二人の本当の気持ちとは? 死期の迫った孤独な老人。頑固な彼が秘かに思い出すのは、娘と迎えた幸せな大晦日。いったい父と娘に何があったのか―?

ここに登場するのは、いつの間にか人との絆を失ってしまった者たち。彼らは一年の最後の日に、その大切さに気付き、なんとか絆を取り戻そうと奔走する。人間関係に、どこか不器用な人々が、素直になって心を開いて、懸命に想いを伝えようとする姿に、誰もが胸を揺さぶられずにはいられない。

引用元:Amazon

8つのストーリー

この映画は、ニューヨークで実際におこなわれている年越しイベント「ボール・ドロップ(タイムズスクエア・ボール)」を軸に、8つのストーリーが同時に展開していきます

ちょっとイタイけど可愛らしいおばちゃん・イングリッド(ミシェル・ファイファー)の「年頭の誓い」リストを、チャラいけど王子様のように解決していくポール(ザック・エフロン)がかっこいい『RESOLUTION TOUR』

余命わずかながら、どうしてもボールドロップを見たいという入院患者のスタン・ハリス(ロバート・デ・ニーロ)と、それを見守る看護師であるエイミー(ハル・ベリー)の『HOSPITAL STORY』

新年が開けてその病院で最初に生まれた子どもには賞金が与えられるため、それを争うテス(ジェシカ・ビール)&グリフィン(セス・マイヤーズ)の夫婦と、グレイス(サラ・ポールソン)&ジェイムズ(ティル・シュヴァイガー)夫婦の『MATERNITY WARD』

パーティのケータリングを任されたシェフのローラ(キャサリン・ハイグル)と、パーティーで演奏するスター・ジェンセン(ジョン・ボン・ジョヴィ!!)の『JENSEN & LAURA’S STORY』

アシュトン・カッチャー演じるランディと、『glee』でおなじみのリア・ミシェル演じるエリーズがエレベーターに閉じ込められてちょっとドキドキする『ELEVATOR』

サラ・ジェシカ・パーカー演じるキムと、その娘ヘイリー(アビゲイル・ブレスリン)。憧れの男子にボール・ドロップに誘われたヘイリーと、娘を思うあまり過保護になってしまうキムの親子関係が切なくもあたたかい『MOTHER & DAUGHTER』

パーティのスピーチを任されているのに、友人の結婚式の帰りに車が事故ってしまうサム(ジョシュ・デュアメル)。運良く牧師さんファミリーの車に乗せてもらい、昨年の大晦日に出会った「運命の人」について語る『AHERN PARTY』

ボール・ドロップの責任者であるクレア(ヒラリー・スワンク)が、家族に関わる大事な用事を気にしつつもイベント運営に苦心する『TIMES SQUARE』

この豪華キャストがときに交差し、意外な関係性を見せながらそれぞれの「ニューイヤーズ・イブ」を過ごします

※各ストーリーのタイトルはエンドロールより

『ニューイヤーズ・イブ』の名セリフ(日・英文)

ボール・ドロップがトラブルで止まってしまったとき、責任者クレアのセリフがすばらしい。毎年この時期になったら思い出したくなるほど

シャンパンを開け 新年を祝う前に――

一度立ち止まって――

過ぎた年を振り返れと

思い出しましょう

成功も 失敗も

そして――

守れた誓いと 破った誓い

カラを破って冒険したこと

傷つくのが怖くて閉じこもったこと

新しい年はあなたに――

チャンスをくれます

過ちを許し――

もっと努力し――

もっと与え 愛するチャンスを

先のことを恐れるのではなく――

未来を楽しむのです

0時にボールが落ちる時・・・

その時こそ――

優しさを思い出しましょう

思いやりを

今夜だけでなく 1年ずっと

It’s suspended there to remind us before we pop the champagne, cerebrate the new year, to stop and reflect on the year has gone by, to remember both our triumphs and missteps, our promises made and broken.

The times we opened ourselves up to great adventures or close ourselves down for fear of getting hurt, because that’s what the new year’s all about, getting another chance.

A chance to forgive to do better, to do more, to give more, to love more.

And stop worrying about what if and start embracing what would be.

So when that ball drops at midnight, and it will drop, let’s remember to be nice to each other, kind to each other, and not just tonight but whole year long

うまくいったこと・いかなかったこと、守れた約束・破ってしまった約束、挑戦できたこと・できなかったこと、愛したこと・傷つけてしまったこと――

大晦日はただ単にお祭り騒ぎするだけでなく、こういったことを振り返り、新しい年を迎える心の準備をする日にしたいですね

『ニューイヤーズ・イブ』サウンドトラック・曲

この映画は音楽もすばらしかった!以下、サウンドトラックのリストです
This Is the New Year
Ian Axel
¥ -1

Can’t Turn You Loose (feat. Lea Michele)
ジョン・ボン・ジョヴィ
¥ -1

↑これ日本ではモノマネ番組で使われてるから、ボン・ジョヴィにかっこよく歌われるとムズムズするw

2012 (It Ain’t the End) [feat. Nicki Minaj]
ジェイ・ショーン
¥ -1

New Year
Kate York
¥ -1

Life Is a Bomb
Sophie B. Hawkins
¥ -1

Have a Little Faith In Me
ジョン・ボン・ジョヴィ
¥ -1

Light Up the Sky
Duncan
¥ -1

Better Days
Goo Goo Dolls
¥ -1

Auld Lang Syne
Lea Michele
¥ -1

↑『蛍の光』はもともとスコットランド民謡なんですね

Raise Your Glass
P!nk
¥ -1

Best Day of Your Life
Katie Herzig
¥ -1

Whattaya Say
Jacob Saylor
¥ -1

Bringing In a Brand New Year
Charles Brown
¥ -1

サウンドトラックには収録されてないようですが、ルイ・アームストロングの『What a Wonderful World』が終盤のめちゃくちゃいいところでかかってたのが個人的にはツボ

今年はひとりで観たので、可愛い彼女と一緒に見れる年末はよ来いと願う2016年の年の瀬でした

アイキャッチ画像出典:Amazon

タケダノリヒロ(@NoReHero

音楽がよくてほっこりする映画といえば
3分で泣ける。音楽好きにはたまらないハッピーな映画『はじまりのうた』

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

コミュニティ開発・活動記録

恋愛

タケダノリヒロ

タケダノリヒロ

1989年生まれ。アフリカのルワンダでボランティア(青年海外協力隊)やってます。Africa Quest. comライターとしても執筆中。 音楽×読書×恋愛×生き方・はたらき方→『タケダノリヒロ.com』 ルワンダ情報専門サイト→『ルワンダノオト』 ※当ブログ記載内容はJICAおよび青年海外協力隊の見解ではなく、個人の見解です。 [詳細]