ルワンダノオト

ブログ×国際協力×遠距離恋愛@ルワンダ青年海外協力隊

ルシ通信⑫学校の先生にならなくてよかった

time 2016/09/23

ルワンダ青年海外協力隊のタケダノリヒロ(@NoReHero)です

ルシシロ小学校での衛生クラブ(委員会)での活動の様子をお伝えする『ルシ通信』の12回目

子どもたちと接していて「学校の先生にならなくてよかった」と心から思いました

何か嫌なことでもあったのかと言うと、そうではなく、むしろ逆

もし先生になってたら、感動しすぎて大変だったろうなと思ったというお話

発表会の練習にて

今週の金曜日は各クラブが活動報告をする発表会

先週行われたリハーサル後、「本番までにもっとちゃんと準備するよ!」と生徒たちも言ってくれてたので、前日に様子を見に行きました

「明日の発表、何するか決まった?」

「ううん、なにも…」

おいおい大丈夫か!発表明日だぞ!

と言ったところでどうなるわけでもないので、リーダーを指名して話し合いをさせることに

前回のリハーサルで他のクラブの発表を見てどんなことをやればいいかは分かってるはずなので、ぼくは口出しせずに端っこに座って見てることにしました(ルワンダ語で話されたら着いていけないだけですがw)

着々と進む話し合い

話し合い

いつの間にか劇をやることになったみたいで、役が決められ、即興で筋書きと台詞が決まっていきます

すごいなおいw

完全に役に成りきってる子もいれば、全力で感情表現する子も。坂上忍もびっくりだよ

自分だったら「練習だからいいじゃん」とか斜に構えて棒読みしちゃうと思いますが、そんないけ好かない子どもは一人もいませんでしたね

水を飲む演技も実際にがぶがぶ飲むし、病気になって吐く演技も『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』に出れるんじゃないかと思うほどリアルにやってくれました(オロロロロロロって)。みんな良い子だ

中心になってまとめてくれたのは6年生の子たちだったんですが、11月の頭で今年度は終わり、彼らも卒業してしまいます

もうちょっと色々一緒に出来ると思ってたのに、気づけばあと1ヶ月しかありません

そんなことを今さら自覚して、急に切なくなってしまいました

あー、いなくなっちゃうのか、と

ぼくの両親も、母方のじいちゃんも、小学校の先生でした

お父さんもお母さんもじいちゃんも、毎回生徒を送り出すたびにこんな気持ちになってたのかなあ

毎日生徒と接してたらきっと憎たらしいとか煩わしいとか思うこともいっぱいあるんだろうけど、子どもの成長を目の当たりにして、その向こうにキラキラした可能性みたいなものを感じることが出来るのはすごく素敵な仕事だなあと思いました

残念ながら明日の本番は用事があって見に行くことが出来ませんが、先生に写真を撮ってもらうように頼んでおきました。次に会った時に感想を聞くのが楽しみです

タケダノリヒロ(@NoReHero

ルシ通信バックナンバー

ルワンダの小学校に潜入!突撃インタビュー&ワークショップ開催決定

保護者80人!初の衛生ワークショップ@ルシシロ小学校

ルシ通信③半数が雨水利用、7割が水因性疾患!ルワンダ小学校衛生調査

ルシ通信④衛生×アート×生徒150人! 小学校でWASHワークショップ

「考える力」を鍛えねば!衛生クラブ立ち上げ大苦戦の巻

ルシ通信⑥嬉しすぎる!小学校の衛生クラブ本格始動!

ルシ通信⑦ルワンダ版『恋するフォーチュンクッキー』に参加!

ルシ通信⑧まさかの感涙!ルワンダで小学校の終業式に潜入!

ルシ通信⑨日本の大学生がルワンダの小学校訪問&授業体験!

ルシ通信⑩2ヶ月で驚きの進歩!ルワンダ小学校衛生クラブ

ルシ通信⑪衛生啓発ポスターづくり&号泣寸前の発表会!

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

コメント

note - 千の丘の国から

コミュニティ開発・活動記録

ライフハック

恋愛

映画・音楽

タケダノリヒロ

タケダノリヒロ

1989年生まれ。16年1月より青年海外協力隊としてルワンダで活動中。コミュニティ開発隊員として水問題に取り組みながらブログ更新してます。Africa Quest. comライターとしても執筆中。 ※当ブログ記載内容はJICAおよび青年海外協力隊の見解ではなく、個人の見解です。 [詳細]