ルワンダノオト

ブログ×国際協力×遠距離恋愛@ルワンダ青年海外協力隊

ブログ執筆は「息抜き」です。と言えるブロガーは私です。

time 2016/04/03

今年はすでに1,300万円稼いでいるという、プロブロガーのイケダハヤトさんがこんな記事を書いてました。

ブログ執筆は「息抜き」です。と言えるブロガーは最強。 : まだ東京で消耗してるの?

ブログ書いてると、癒されるんですよねぇ。
最高のセラピーです。 心のマッサージ。
ふーっと、溜まったものが抜けていく感覚というか。
ガーッと書きまくると、凄まじい爽快感を得ることができます。

ほんとこれ。共感しまくりです。 心理学で言うところの「カタルシス効果」ですよね。

対処困難な衝動・欲求・感情、あるいはその葛藤などを、言語的または非言語的に表現することを通じて意識化、発散することで、症状や問題行動が消失する現象をカタルシス効果といいます。 カタルシス効果は「心の浄化作用」とも表現されます。

引用元→カタルシス:心理学用語集 サイコタム

悩み事がある時、誰かに話を聞いてもらえるだけでもスッキリしますよね。

以前、相談を持ちかけられた後輩に「話すだけでも楽になるからさ、何でも話してよ。こういうのカタストロフィー効果って言うんだよ」と盛大に(しかもドヤ顔で)言い間違えたことがあります。

スクリーンショット 2016-04-03 21.27.09

滅ぼしてどうする。もう一生忘れません。

頭のなかで渦巻いてる考えも、胸のあたりでモヤモヤしてる気持ちも、文章化することで整理することが出来るんです。

書いてるうちに自分では気づいていなかった新しいアイデアが浮かんでくることもありますしね。

日本語はもちろん英語すらほとんど通じないルワンダのど田舎で生活しているので(※)「アウトプットしたい欲」が溜まってるのかもしれません。
※青年海外協力隊として16年1月から2年間活動中。

少し前まで毎日書くのはしんどかったんですが、最近はちょっと書くペースが上がってきました。

書くのをためらっていたポエム系の記事をnoteに分散して書いたり、ふと浮かんだ考えをツイートしてブログのコンテンツとして再利用したりするのも、コンスタントに書けるようになってきた要因のひとつですね。

「ツイートを再利用」とは、こういうやつです↓

「よく毎日ブログ書けるね」と言われることもありますが、これは「息抜き」なので、スポーツしたり、楽器を弾いたり、ゲームしたりするのと一緒です。

タケダがなんかいっぱい投稿してたら「頑張ってるなー」じゃなくて「楽しんでるなー」と思ってください。

タケダノリヒロ(@NoReHero

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

IT・SNS

note - 千の丘の国から

コミュニティ開発・活動記録

ライフハック

恋愛

タケダノリヒロ

タケダノリヒロ

1989年生まれ。16年1月より青年海外協力隊としてルワンダで活動中。コミュニティ開発隊員として水問題に取り組みながらブログ更新してます。Africa Quest. comライターとしても執筆中。 ※当ブログ記載内容はJICAおよび青年海外協力隊の見解ではなく、個人の見解です。 [詳細]

ルワンダ生活残り2018年1月月11日
あと9 ヶ月です。