親の車で聴いていた歌

スポンサーリンク

最近この方の歌にハマってます。

Reneé Dominiqueさんというフィリピンのシンガーソングライター。

いろんな有名曲をカバーしていて、ウクレレやアコギ一本で歌うシンプルさとすこしかすれた声に癒やされます。ぜひ聴きながら読んでね。

上の動画(カーペンターズの”Close To You”のカバー)を観てたら、コメント欄一番上の文章が目に入りました。

My dad used to play this song during car rides. He passed away when I was 10 and this cover moved me to tears. Thank you
車に乗ってるとき、私の父がかけていた曲です。父は私が10歳のときになくなったので、このカバーを聴いたら泣いてしまいました。ありがとうございます

10歳というとまだ物心ついて間もない頃ですが、それでもこの曲を聴いたら涙が出てきてしまうくらいしっかりと心に残っていたんですね。

これを読んで、車の中の光景がうるっと思い出されました。うちの車でもよくかかってたからです、カーペンターズ。もしかしたらこのコメントをした方、同世代かもしれません。そう考えると余計に親近感。

「親の車で聴いていた曲」ってなんだかちょっと特別ですよね。

先日、ほぼ同世代の方が「親の車でサザンやドリカムを聴いてました」と言っていて、我が家もそうだったので「わかる〜〜!」と不思議なテンションの上がり方をしてしまいました。あとユーミンとかABBAとか。

このあたりの曲を聴いて思い出すのは、母親が運転するじいちゃんちまでの道のりとか、父親が釣りに連れて行ってくれた(地元熊本の)天草の海の感じとか、たまに出てくるアダルトな歌詞に「これはおれが聴いてて大丈夫なやつか……?」と小学生ながら内心ドキドキしていたこととか(サザンとかいま考えればどストレートなやつあるよね)。

全部なんてことない想い出だけど、懐かしいって気持ちになれる記憶があることは財産だよなあと30代になって思います。

いまではストリーミングサービスであらゆるジャンル、あらゆる世代の曲を無料で聴くことができますが、当時はCDやカセットテープ全盛の時代。

聴ける音楽に限りがあって、繰り返し繰り返し車内で聴いていたからこそ、親世代の歌をそらでも口ずさめるようになったし、家族の想い出ともひもづいているんですね。

あなたが親の車で聴いていた歌は、なんですか?

スポンサーリンク







ルワンダ・スタディツアー「START」

ルワンダ・スタディツアー「START」

LINE@の登録はこちら↓

なぜか好評な恋愛記事↓

なぜか好評な恋愛記事↓

ルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』↓

ルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』↓
  1. 遠距離恋愛・結婚

    日本の結婚の歴史~結婚とは「特別扱い」すること~
  2. アフリカ・国際

    コーヒーでマラウイの子どもたちの給食支援!NPO法人せいぼ・山田真人氏【PR】
  3. 読書

    私の本棚40冊!2017上半期に読んだ小説・ビジネス書・マンガを紹介
  4. 生き方・働き方

    5月26日(土)「ルワンダノオトの勉強会」開催します!~大企業を辞めて社会起業す…
  5. 青年海外協力隊

    青年海外協力隊は「国際協力」ではなく「国際交流」?
PAGE TOP