BLOG

LINE@はじめました!

【更新 2017/09/23】

LINE@やってます

覚えたてのPhotoshopでつくったロゴ!

LINE@(ラインアット)とは?

LINE@では、メルマガみたいに登録してくれた方に一斉にメッセージを送ることもできるし、1対1でやりとりをすることもできます

このブログの右下に表示されてる「Facebook Messenger マガジン」も実験的に使ってみたんですが、どうも使いにくい&何なのかよく分かりづらい…

Messenger マガジンも併用していきますが、もっといろんな方と直接コミュニケーションを取れるようにLINE@も導入してみました!

LINE@でできること・メリット

ぼくのLINE@に登録していただくメリットは、

  • 友だちとLINEするように、1対1でやりとりができる!
  • LINE@限定の、ブログでは読めない情報が得られる!

です。

全世界に35億人いると言われるタケダファンのみなさまに、ぜひ登録していただきたいと思います(どうでもいいけど最近with Bの右の人に似てるって言われるので)。

なにか悩みごとや質問・相談があったり、単にヒマしてるってだけでもいいのでメッセージいただけたらうれしいです。

【追記 2017/09/02】

LINE@を一週間弱使ってみましたが、すごくいいです!

普段彼女や友だちとやりとりをしているLINEと同じような感覚で読者の方々と会話できるので、ものすごく親近感があります。

お会いしたことのない方でも身近に感じられて、LINE@を開設してよかったなあとしみじみ思っています。

Facebook Messenger マガジンだと、どうしても固い印象が拭えないですし、ふつうのMessangerでメッセージだけ送ろうとしたのに間違えてマガジン登録しちゃったって人も出てきませんからね…

LINE@に登録したらどうなる?

LINE@に登録すると、週にいちど程度このようなお知らせが届きます。

LINE@画面イメージ

ルワンダでの生活や自分の活動のことなど、身近な話題が中心です。

登録するだけでは、管理者(ぼく)は「だれが登録してくれたか」まではわかりません。分かるのは登録者の「数」だけ。なので「登録してることをタケダに知られたくない!」って方もご安心を。

ぼくから届いたメッセージには返信することもできるので、ご意見やご感想お待ちしております!(そうやって読者側からメッセージをいただくことで、はじめてあなたが登録してくれたということがわかります)

LINE@に登録!

登録無料&面倒な入力なども必要なく、下記から簡単にできます。

こちらのリンク(line://ti/p/@pcg6465o)か、Addボタン・QRコードから!

Add Friend

 

お気に召さなければすぐミュートなり登録解除なりしていただいてかまわないので、お気軽にご登録ください!

タケダノリヒロ(@NoReHero

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

関連記事

  1. BLOG

    【運営報告】7ヶ月目1.5万PVにアクセスダウン…要因を分析したよ

    こんにちは、タケダノリヒロ(@NoReHero)です9月もあっ…

  2. BLOG

    LINEブログをワンランクアップ!Twitterやサイトの埋め込み方法

    ルワンダ在住ブロガーのタケダノリヒロ(@NoReHero)です一般…

  3. BLOG

    ブログと相性抜群!?ツイッター新機能『モーメント』とは?使い方紹介

    マイブームはペペロンチーノ、ルワンダ在住のタケダノリヒロ(@NoReH…

  4. BLOG

    嬉しい!と思わずニヤニヤしてしまったブログがくれた良いこと3つ

    最近ブログを通じて感じている、嬉しいこと3つ。にやにやメッセージを…

  5. BLOG

    プロフィール

    ONタケダノリヒロ1989年熊本県生まれ。早稲田大学国…

  6. BLOG

    ブログデザインに役立つ無料ツールまとめ~ロゴ・アイキャッチ・動画作成~

    こんにちは、Webデザイン勉強中のタケダノリヒロ(@NoReHero)…

月刊『IRODORI』2017年11月号

ARCHIVE

  1. BLOG

    検索重視から手紙型のブログへ。ブログで10万PV達成して思うこと。
  2. AFRICA

    ルワンダ事件簿①来月から働く職場と住む家を見てきたけど不安しかない。
  3. BLOG

    ブログの価値を高める4ステップ~PVからコンバージョン(愛着)へ~
  4. LIFE

    日本人が外国のために働いてはいけないのか?
  5. BOOK

    学問のすすめ(福沢諭吉)要約・現代語訳・感想~こども向け解説~
PAGE TOP