「お金は明日でいいよ」〜信用はお金になる〜

スポンサーリンク

ルワンダ青年海外協力隊のタケダノリヒロ(@NoReHero)です。

近所にいつもミネラルウォーターを買っている小さなお店(※)があります。

※ルワンダではアリメンテーション(アリメン)、アジアなどではパパママストアと呼ばれるような店

いつもどおりそこに水を買いに行きました。1.5Lで500RWF(約80円)。

ところが財布には、いちばん大きい紙幣である5,000RWF札しか入っていません。

店のおじさんもお釣りがないとのこと。その辺にいた近所の人に崩せないか聞いてくれてましたが、両替も出来ず。

「今日は水諦めようかな…」と思っていたら、おじさんが5,000RWFをぼくに返してこう言いました。

DSC_6268

「お金は明日でいいよ。水、持っていきな」

まじですか、おじさん。

最近この村の家庭調査を始めて分かったことですが、この辺りの人たちの収入は1日1,000RWF(150円)程度です。

このおじさんはお店を営んでいるのでもう少し稼いでそうですが、それでも500RWFの収入を先延ばしにするのはわりとリスキーだと思います。

ここでお金の代わりに交換しているのって、「信用」ですよね。

おじさんは「ノリならいつも来てくれてるし、明日返してくれてるだろう」とぼくを信用してくれました。

ぼくの方でも「こんな風に良くしてくれるなら、またここで買おう」とおじさんに対する信用が増します。

そうすると、長期的に見ればおじさんの店に落とすお金の量も増えるはずです。

信用がお金をまわすという話は、ホームレス芸人・小谷さんのエピソードからも「なるほどなー」と納得することが出来ます。

キンコン西野「信用は現金化できる」 ホームレス芸人・小谷がお金に困らない理由を分析

こんなお金の稼ぎ方も素敵ですね。

タケダノリヒロ(@NoReHero

スポンサーリンク




LINE@の登録はこちら↓

なぜか好評な恋愛記事↓

なぜか好評な恋愛記事↓

ルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』↓

ルワンダ情報専門サイト『ルワンダノオト』↓

ルワンダ・スタディツアー「START」

ルワンダ・スタディツアー「START」




  1. 生き方・働き方

    ルワンダの農村でフライドポテトを売ってみた→まさかの即完売!
  2. 遠距離恋愛・結婚

    日本の結婚の歴史~結婚とは「特別扱い」すること~
  3. 青年海外協力隊

    青年海外協力隊は「国際協力」ではなく「国際交流」?
  4. 遠距離恋愛・結婚

    遠距離恋愛を長続きさせるコツTOP10!人気20サイトまとめ
  5. 生き方・働き方

    結婚&アフリカ起業に向けて!フレンドファンディングpolcaで「応援金…
PAGE TOP