タケダノリヒロ.com

アフリカ・ルワンダ在住者の【音楽×読書×遠距離恋愛】ブログ

『世界から猫が消えたなら』感想〜「イマ」読むべきマーケット偏重型小説〜

time 2016/06/14

佐藤健主演で映画化もされた小説『世界から猫が消えたなら』、読みました。

『世界から猫が消えたなら』川村元気

41uYm8ttBUL._SX338_BO1,204,203,200_

 「この世界からひとつ何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得ることができる」。脳腫瘍で余命わずかと宣告された僕が、自分の命と引き換えに電話、映画、時計を消していく。LINE初の連載小説。2016年映画化。

Twitterに投稿した感想。

金に物を言わせてスタープレイヤーを集めた球団が、あっさり日本シリーズで優勝してしまった。

一流シェフが一級品の食材を集めて、素材の味を活かした料理を作りました。

そりゃ強いよ、そりゃ美味いよ、っていうそんな感じの印象です。

もちろんしっかり泣いちゃったんですけどね。

でも、どうしても引っかかってしまう「狙った感」。

「どうせこないな感じにしたら泣くんやろ?」(←イメージは胡散臭い関西人)って言われてるような。

若手経営者がおすすめの本を紹介した『新世代CEOの本棚』で、『世界から猫が消えたなら』についてクロスカンパニーCEOの石川康晴さんはこう語っています。

「マーケットをどう捉えるか」のお手本のような1冊でした。あらゆるトレンドが入っていて、途中から経営学を学ぶような気持ちで読んでしまいましたから。
家族愛、恋愛、動物愛……いろいろな愛が1冊に詰め込まれているうえに、悪魔が出てきたりとファンタジーの要素も入っている。

そう。これはマーケット感覚を掴むには良い本なんだろうなと思います。

『世界から猫が消えたなら』の原作者は、『悪人』や『告白』、『寄生獣』などヒット作を次々と生み出している映画プロデューサーの川村元気さんです。

一流の料理人(ヒットメーカー)である川村さんが、一級品の食材(トレンド)を集めて振る舞った。

だからこそ「ずるい」と思ってしまうほど簡単に泣けます。

だからと言って、誰にでも書けるものではありません。

今の時代に「どんなものが受け入れられるか」を敏感に感じ取って、それをストーリーとして組み立てられる川村さんだからこそ書ける小説。

と言ってもこれが発売されたのは2012年なので、いまさらこの本を読んでマーケット感覚を磨こうと思っても遅いんでしょうが。

読むなら「イマ」読むべき。

トレンドを抑えているだけあって、時間が経つに連れてこの本の価値はどんどん下がっていきます。

「さくっと読めて気軽に感動を味わいたい!」という方にはおすすめの本です。

それと、Twitterに呟き忘れた一番大事な感想。

猫が飼いたくなります。

タケダノリヒロ(@NoReHero

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

コミュニティ開発・活動記録

恋愛

タケダノリヒロ

タケダノリヒロ

1989年生まれ。アフリカのルワンダでボランティア(青年海外協力隊)やってます。Africa Quest. comライターとしても執筆中。 音楽×読書×恋愛×生き方・はたらき方→『タケダノリヒロ.com』 ルワンダ情報専門サイト→『ルワンダノオト』 ※当ブログ記載内容はJICAおよび青年海外協力隊の見解ではなく、個人の見解です。 [詳細]