ルワンダノオト

ブログ×国際協力×遠距離恋愛@ルワンダ青年海外協力隊

王道ネオシティポップ!いま最もキテる神泉系バンド「フレンズ」

time 2017/02/17

J-POP大好きマン、タケダノリヒロ(@NoReHero)です。

このところSuchmosの人気が急上昇してますね。

当ブログでも以前「サチモス・cero…ネオシティポップ12選〜星野源・大橋トリオ好きなら〜」の記事で紹介しました。

が、最近個人的にドはまりしているネオシティポップのバンドがまたまた出てきました。

「渋谷系」ならぬ「神泉系」がテーマの「フレンズ」。

とにかくポップ!とにかくオシャレ!

Suchmosほどクールすぎず、ゆるく楽しめます。

夜のドライブデートでこれ聴いてたら絶対モテる(と思う)!

今回はそんなフレンズの曲やメンバーについて紹介します。


アイキャッチ画像出典:FRIENDS OFFICIAL WEB SITE

フレンズ・メンバー

フレンズは2016年から本格的に活動し始めたばかりですが、それぞれ異なるバンドで活動していたメンバーで結成されています。

メンバーは、おかもとえみ(Vo / 科楽特奏隊、ex.THEラブ人間)、ひろせひろせ(Vo,Key / nicoten)、三浦太郎(G,Cho/ex.HOLIDAYS OF SEVENTEEN)、長島涼平(B / the telephones)、SEKIGUCHI LOUIE(Dr / ex.The Mirraz)の5人で、渋谷系ならぬ「神泉系」をテーマにしている。

引用元:RO69

ギターは元・HOLIDAYS OF SEVENTEENの三浦太郎

ぼくは大学時代にHOLIDAYS OF SEVENTEENにハマっていたので、フレンズのギターがそのボーカル三浦さんだったと知ったときは運命めいたものを感じてしまいました。

HOLIDAYS OF SEVENTEENのお気に入り曲『Hey, Scissorman!』↑

HOLIDAYS OF SEVENTEENは「和製ウィーザー」と呼ばれた、美メロと青臭さが売りのパワーポップ。

このバンドで三浦さんはギターボーカルだったんですが、フレンズのメインボーカルはおかもとえみさんとひろせひろせさん。

ただ、『Love, ya!』や『ビビビ』ではワンフレーズだけボーカルとして出てくるので、それが元ファンとしては給食でたまに出てくるコーヒー牛乳みたいな特別感があって嬉しい。

ベースは元・the telephonesの長島涼平

で、ボーカルのおかもとえみさんとひろせひろせさんは、それぞれのバンドでベースを担当してるんですが、フレンズでベースを弾いてるのは元・the telephonesの長島涼平さん。

『LOVE & DISCO』/the telephones ↑

長島さんがベースじゃなかったら、ここまでフレンズ好きになってなかったかもって思うほどのイカしたベースライン(自分がベースやってたからどうしてもベース贔屓になるけど)。

こんなふうにもとのバンドではボーカルだった人がギターになったり、ベースだった人がボーカルになったり、フレンズのメンバーはひとりひとりがほんとに多彩です。

そんなメンバーが集まったらそりゃ素敵なバンドになりますよね。

ってことで曲紹介。

夜にダンス

代表曲『夜にダンス』

前々からYouTubeのオススメ欄に出てきて気にはなってたんですが、ずっと敬遠してました。

と言うのも「夜の本気ダンス」って名前のバンドがいたり、「踊ってない夜を知らない」って歌詞の歌があったり(フレデリックの『オドループ』)、「なんか最近似たようなのばっかだな」って思ってたから。

でも、この『夜にダンス』を聴いてみて「もっと早く聴いときゃよかった!」と激しく後悔。

ピアノの鍵盤を滑らせてトゥルルルって弾くやつ(グリッサンド)から始まるキラキラ感。

ついつい口ずさみたくなる「トゥトゥトゥ~♪」のイントロ。

そして横から突然メンバーが出てきたり、カメラを手で隠して別のシーンに移動してたりするイマドキなオシャレMV(まんま岡崎体育w)

おかもとえみさんの声は何回聴いても飽きないし、ひろせひろせさんのまったくやる気のない歌い方も癖になります(よー、ハッ、チェケ、よーよーよー、フー!ってw)。

Love, ya!

ぼくのいちばん好きな曲『Love, ya!』

これもイントロが「パラパッパッパッパー♪」から始まるので、誰でも歌えるスキャット的なフレーズを入れるのがポップさの秘訣なのか。

この曲では長島さんのベースが炸裂してます。

サビでは定番のオクターブ奏法でハネるノリをつくっておいて、2番の頭(「バレないように検索してみる~」)では「そんなとこまで行っちゃうの!?」とびっくりするほど動きまくりです。

そして3人目のボーカル・三浦さんを挟んでおいて、また「ねえ、あからさま~」というキャッチーなサビが来て、「パラパッパッパッパー♪」で畳み掛ける。

まったく飽きない。いや、こりゃすごい。

DIVER

『DIVER』。『Love, ya!』の後に聴くと落ち着いた曲きたかなと思いがちですが、しょっぱなからベースが暴れまくってます

何回でも聴きたくなる心地よさ。

この曲はおかもとえみさんが「あまちゃん」を見てるときにつくったものの、自分ではアレンジできなくてお蔵入りになってたそうです。

それがフレンズになって、こうやって夜に出てきたと。たしかにメロディー複雑で歌うの難しそうですもんね(インタビューで、本人が「私も難しいもん」って答えてるw)。

参考:ぴあ関西版WEB

ビビビ

MVがドラマ仕立てでかわいい『ビビビ』。出演してるのは、雑誌「mer」の専属モデルさんたち。

参考:ミーティア

「恋じゃない」と「故意じゃない」かけてるのかな。

てか、おかもとえみさんがかわいい

学校にいたらほかにも可愛い子はいっぱいいるはずなのに、なぜかいちばんモテてるタイプですよね。なんでだろう、表情とか仕草?

全員でミニアルバムを試聴するトレイラー。

ソーラン節w

HIT NUMBER/おかもとえみ

おかもとえみさんのソロ曲も紹介しときます。

本人の曲『HIT NUMBER』の、EVISBEATSとPUNCHリミックスバージョン。

チルな感じが心地いい。

4月には初の全国流通アルバムも発売される予定だとか。楽しみですね。
「神泉」系5人組バンド、フレンズのオフィシャルHP

神泉系スーパーポップバンド・フレンズ、注目です。

タケダノリヒロ(@NoReHero

つぎのページへ!
サチモス・cero…ネオシティポップ12選〜星野源・大橋トリオ好きなら〜

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

note - 千の丘の国から

コミュニティ開発・活動記録

ライフハック

恋愛

映画・音楽

タケダノリヒロ

タケダノリヒロ

1989年生まれ。16年1月より青年海外協力隊としてルワンダで活動中。コミュニティ開発隊員として水問題に取り組みながらブログ更新してます。Africa Quest. comライターとしても執筆中。 ※当ブログ記載内容はJICAおよび青年海外協力隊の見解ではなく、個人の見解です。 [詳細]