ルワンダノオト

ブログ×国際協力×遠距離恋愛@ルワンダ青年海外協力隊

備えることは格好悪いことじゃない。ミュンヘン銃乱射事件から考える。

time 2016/07/23

ドイツのミュンヘンで銃乱射事件が起きました。

ミュンヘン乱射、ショッピングモールを襲ったパニック

当初は現地警察もテロ事件として捜査を進めていたようですが、ドイツとイランの二重国籍をもつ男の単独犯だと見られています(その容疑者は自殺した模様)。

ここ最近、バングラデシュのダッカやフランスのパリ、ニースなど各地で物騒な事件が相次いでいます。

こうなってくると、日本でもいつ何が起こってもおかしくないですよね。

日本で生死に関わるような出来事といえば、テロよりも災害の方が身近だと思います。

ほんの3ヶ月前に、ぼくの故郷熊本でも大きな地震がありました。5年前には東日本大震災もありました。

そんな災害に対してすら、ちゃんと「備えている」と言える人はどのくらいいるでしょうか?

これだけ頻発している災害にすら備えられていないのに、テロが起こった時に取るべき行動を取れるでしょうか?

「ここ」で起きていないだけ

これはSave The Childrenが14年3月に公開した動画です。

最後に出てくるメッセージ。

スクリーンショット 2016-07-23 10.21.05

「『ここ』で起きていないだけ。実際にはどこかで起こっている」

こちらは続編。今年の5月9日に公開されたもの。

スクリーンショット 2016-07-23 10.23.37

「『いま』起きている。『ここ』で起きている」

2年前の動画より切迫感が増しています。それだけ世界の情勢が反映されているんでしょう。

「いま」「ここ」で何かが起こっても不思議ではありません。

テロ対策

「もしテロなんかに巻き込まれたらどうしようもないじゃん」と思うかもしれませんが、出来ることはあります。

「生存率30%以下」もしテロの人質になったら?テロ対策の心得が反響を呼ぶ

簡単に出来る8つの心得と、「逃げる・記録しない・立ち向かわない」という三原則。覚えておきたいですね。

防災グッズ

NHKが「家庭用」「外出時用」など用途別に防災グッズリストを分かりやすくまとめています。

NHK そなえる 防災|特集|防災グッズリストダウンロード 災害・防災 手作りかいけつキット

備えることは格好悪いことじゃない

起きないかもしれない事態に対して備えることを、もしかしたら「臆病だ」「格好悪い」と思う人もいるかもしれません。

でも、何もしないのは「勇敢」ではなく「無謀」です。

確かに臆病な人は格好悪いかもしれませんが、「大丈夫大丈夫」と油断したせいで守れたはずの命を守れなかったら、そんなに格好悪いことはないですよね。

今回、ミュンヘンで多くの方が死亡する事件が起きました。ミュンヘンには、会ったことはないけれどもSNS上でよくやり取りをしている方がいらっしゃいます。

その方のご家族が事件現場のすぐ近くにいたそうです。そうなってくると、とても他人事とは思えません。

いま平和に暮らせているのは、命に関わる出来事があなたの住んでいる場所で起こっていないだけ。

ルワンダの自宅の隣にある教会では、これから知人の結婚式が挙げられます。

日本では、きっと多くの方がスマホを眺めてうろうろしていることでしょう。

でも、ミュンヘンでは、事件の空気を引きずらずに暮らせている人なんていないはずです。

家族や友人を悲しませないように、備えましょう。

タケダノリヒロ(@NoReHero)

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

コメント

IT・SNS

note - 千の丘の国から

コミュニティ開発・活動記録

ライフハック

恋愛

タケダノリヒロ

タケダノリヒロ

1989年生まれ。16年1月より青年海外協力隊としてルワンダで活動中。コミュニティ開発隊員として水問題に取り組みながらブログ更新してます。Africa Quest. comライターとしても執筆中。 ※当ブログ記載内容はJICAおよび青年海外協力隊の見解ではなく、個人の見解です。 [詳細]

ルワンダ生活残り2018年1月月11日
あと9 ヶ月です。