AFRICA・WORLD

日本では見られない!南十字座の見つけ方と世界三大モテアプリ『星座表』

スポンサーリンク

ルワンダ青年海外協力隊のタケダノリヒロ(@NoReHero)です。

ただいまルワンダは夜の9時過ぎ。日本は朝の4時過ぎですね。

いま、めっっっっっっちゃ星が綺麗です。

どのくらい綺麗かというと、ひとりでニヤけてしまうぐらい綺麗です。

ぼくが住んでいるのはルワンダでも田舎の方なので、視界を遮る高い建物もないですし、外灯も少ないため、多少曇っていてもかなり綺麗な星空を眺めることが出来ます。

「そう言えば、いまルワンダにいるからこの星も日本では見れないんだな」と思うと、ものすごく得した気分になりました。

そこで日本では見られない「南十字座」を探してみましたよ。

天体観測に役立つおすすめアプリも紹介しています。

Image-1

南十字座を探そう!

さて、せっかくルワンダに住んでいるので、日本では見えない星を探してみることにしました。

日本からまったく見えない星座は、カメレオン座、テーブル山座、はちぶんぎ座、ふうちょう座の4つだそうです。

参考:Yahoo!知恵袋

でも、どれも探すのは難しいらしい…。

参考:南半球の星座

ということで、とりあえず南半球で見える星座として有名な南十字星(南十字座)を探してみることにしました。

南十字座の見つけ方・4つのポイント

見つけるポイントは4つ。

①南十字星(みなみじゅうじ座)の左隣に、ポインターと呼ばれる明るい星が2つ見える。

②南十字星の右側の星(δ星)が、他の3つの星に比べて少し暗い

③南十字星の十字架の左下が、少し暗くなっている(石炭袋という暗黒帯があります)。

④南十字星の右側の星(δ星)の左下に、もう少し暗い星が見える(ε星です。エクボ星と呼ばれています)。

southerncross04

引用元:南十字星の見つけ方 | 天体写真の世界

実際に空を見てみたところポイントの③④は分かりませんでしたが、2つのポインターがはっきり見えて(ポイント①)、右側の星が暗くなっていた(ポイント②)ので、間違いなく南十字座と思われるものを見つけることが出来ました!

昔船乗りたちは南十字座を指針として航海をしていたそうなので、そう考えると聖なる十字架のようにも見えますね。

日本では出来ない経験をすることがルワンダ生活のテーマのひとつなので、日本からは見えない南十字座を見ることが出来てまた新たな体験を積むことが出来ました。やったぜ(厳密には沖縄の波照間島とかから見えるらしいけど)

まわりの天体も魅力

みなみじゅうじ座に人気があるのは、それ自体の美しさはもちろん、その周囲にも魅力的な天体があるからだそうです。

南十字星の左脇が暗くなっていますが、これがコールサック(石炭袋)と呼ばれている暗黒星雲です。 ベクルックスのすぐ左隣には、宝石箱と呼ばれる散開星団が輝いています。 この写真では一つの恒星のように写っていますが、双眼鏡や天体望遠鏡で見ると小さな星の固まりであることがわかります。

southerncross2

引用元:南十字星 | みなみじゅうじ座 | 天体写真の世界

ベクルックスの左隣の星の集まりは「NGC4755」というのが正式な名称のようですが、その美しさから「宝石箱」と呼ばれているそうです。素敵なネーミングですね。

今夜はコールサックも宝石箱も見ることが出来なかったので、また挑戦してみたいと思います。

世界三大モテアプリのひとつ『星座表』

プチ天体観測をする際にとても役立つのが、『星座表』というアプリ(iOSAndroid)。

これは「世界三大モテアプリ」のひとつと言われています(ぼくの中で)。

女の子と夜空を見上げながら「月が綺麗ですね」とか言って、お互いの星座を探し合ったりすれば、もう間違いないです。必ずダウンロードしておくように。

使い方は簡単。スマホで位置情報を取得出来るようにして、空にかざすだけです。

今日のルワンダの空はこんな感じ。特に東から南にかけての空が綺麗でした。火星や土星は肉眼でもはっきり見えました。

※画像は星座表アプリを空にかざして見た時のスクリーンショットです。

Screenshot_2016-06-05-20-24-19

みなみじゅうじ座も真ん中あたりに表示されてますね。

Screenshot_2016-06-05-20-24-26

りゅうこつ座っていうめちゃくちゃ格好良い星座もありました(もちろん実物はただの星ですが)。

Screenshot_2016-06-05-21-05-31

このさそり座やりゅうこつ座を通る帯状の星の集まりが、いわゆる「天の川」だそうです。

西の方にはっきり見えたのは木星。

Screenshot_2016-06-05-20-25-17

今日は30分ほど空を眺めていて、星座や惑星だけでなく、流れ星を4回も見ることが出来ました。

星座表には載っていない流れ星、やっぱりいくつになってもテンションが上がりますね。

いま、この瞬間を楽しめる毎日を

ルワンダのこの家に住み始めてもうすぐ4ヶ月。

昨日まで同じ空を見てきて「わー綺麗だなー」と思うことはあっても、今日ほど心を動かされたことはありませんでした。

目に見える世界は自分の心境や価値観を映す鏡だと思っているので、いままでと同じ景色に異なるものを感じられるようになったのは、自分の中で何かが変化してきている証拠なのかなと思います。

ルワンダだけでなく、日本でも星が綺麗に見えるところはたくさんありますし、夜景が綺麗な所もたくさんあります。

その場所、その瞬間を、自分なりに満喫できるような毎日を送っていきたいですね。

タケダノリヒロ(@NoReHero

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

スポンサーリンク

関連記事

  1. TRIVIA

    備えることは格好悪いことじゃない。ミュンヘン銃乱射事件から考える。

    ドイツのミュンヘンで銃乱射事件が起きました。ミュンヘン乱射、シ…

  2. AFRICA・WORLD

    ルワンダ平和の秘訣「ウムガンダ」とは?地域交流と新たな目標

    毎月最終土曜日に行われる地域の奉仕活動「ウムガンダ」に初めて参加してき…

  3. AFRICA・WORLD

    「そんなことも知らないの?」禁止条例。当たり前は人によって違う。

    とあるフレーズを放って、自己嫌悪になることがよくあります。「そ…

  4. BOOK

    やる気がでない・ストレス・眠れない時!科学的に元気になる方法9

    どうしてもやる気が出ないとき、イライラしてしまうとき、落ち込んでしまう…

  5. AFRICA・WORLD

    映画『ホテル・ルワンダ』は嘘だった?〜ルワンダ虐殺追悼週間〜

    ルワンダは本日(4月7日)から虐殺追悼週間ぼくの住むルワマガナ…

  1. BLOG・DESIGN

    検索重視から手紙型のブログへ。ブログで10万PV達成して思うこと。
  2. LIFE

    「未完成アイドル」の時代
  3. LIFE

    国際協力の原点とこれから~海外ボランティア体験の場づくり~
  4. AFRICA・WORLD

    ルワンダトーク~アフリカの社会問題を考えよう~ 明治大学で40名に講演してきまし…
  5. AFRICA・WORLD

    海外在住者が「がんばれない」理由。外国語環境で脳は想像以上に疲弊する。
PAGE TOP