LIFE

和訳出来ない英語の良さは”性別を限定しない”こと~How Deep Is Your Love – Bee Gees~

Bee Geesの”How Deep Is Your Love(愛はきらめきの中に)”を聴いていて気づいた、日本語にはない英語詞の良さ。

日本語の歌も好きですが、英語だからこそ表現できることもあるんですね。

「こんな曲知らないなー」って方でも、聴いたら「あ〜!」ってなると思います、この曲。

この部分の歌詞が好きです。日本語訳はこう。

僕は 君を信じている
僕の 心の扉を 知っているのは君
君は 真っ暗な闇を 照らす明かり
僕が 倒れた時の 救い

僕が 気にかけているとは 知らないだろうけれど
心の奥底では
きっと、気が付いているはず
それは 僕なんだ
君が 愛の深さを示すべきなのは

引用元:http://blogs.yahoo.co.jp/amanjuli03/63691393.html

英語だとこう。

I believe in you
You know the door to my very soul
You’re the light in my deepest, darkest hour
You’re my savior when I fall
And you may not think I care for you
When you know down inside that I really do
And it’s me you need to show

引用元:http://www.lyricsfreak.com/b/bee+gees/how+deep+is+your+love_20015884.html

英語の何が良いって、主語の性別が限定されないんですよね。

日本語訳では主語が「僕」なので、倒れたときに救われるのは男性だけという解釈になってしまいます(もちろん女性が「僕」と言う例外もありますが)

でも英語の場合、主語は「I」なので性別は関係ありません

恋愛の在り方を考えると、「男→女」の一方通行になってしまう日本語詞よりも、「男→女」とも「女→男」とも「男→男」とも、どうにでも解釈出来る英語詞の方が素敵だなと思います。性別に関わらずこの心情を共有できますからね。

You’re the light in my deepest, darkest hour. You’re my savior when I fall. And you may not think I care for you.

こうありたいものです。

この曲を含めた「朝に聴きたい曲リスト」はこちら。

【テーマ別】朝に聴きたいゆるっと爽やか音楽まとめ16曲

タケダノリヒロ(@NoReHero

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

関連記事

  1. MUSIC

    CDに隠しトラックってあったよね。バンプオブチキンとかaikoとか

    J-POP大好きマン、タケダノリヒロ(@NoReHero)です…

  2. LIFE

    やりたいことが見つからない大学生へ。「自分探し」より「自分づくり」

    マイブームはマンガ『キングダム』、ルワンダ在住ブロガーのタケダノリヒロ…

  3. LIFE

    脱カタカナ英語!ネイティブに近づく発音練習&おすすめ無料サイト

    アフリカ・ルワンダ在住、タケダノリヒロ(@NoReHero)です。…

  4. LIFE

    ピース綾部を笑うな〜海外で挑戦する人を応援するブログ〜

    こんにちは、ルワンダ在住のタケダノリヒロ(@NoReHero)です…

  5. AFRICA

    「そんなことも知らないの?」禁止条例。当たり前は人によって違う。

    とあるフレーズを放って、自己嫌悪になることがよくあります。「そ…

  6. AFRICA

    やりたいことは片っ端からやっちゃおう〜ぼくがルワンダでやりたいこと〜

    ルワンダ青年海外協力隊のタケダノリヒロ(@NoReHero)です。…

月刊『IRODORI』2017年11月号

ARCHIVE

  1. BOOK

    アグリゲーターとは?未来の働き方3タイプとビジョン・能力・キャリアの関係
  2. BOOK

    漫画『君たちはどう生きるか』あらすじ・要約・名言まとめ
  3. BLOG

    ブログの価値を高める4ステップ~PVからコンバージョン(愛着)へ~
  4. BOOK

    私の本棚40冊!2017上半期に読んだ小説・ビジネス書・マンガを紹介
  5. AFRICA

    動画「『学校?そんなの関係ねえ!』盛り上がりすぎなアフリカ・ルワンダの歌とダンス…
PAGE TOP