ルワンダノオト

ブログ×国際協力×遠距離恋愛@ルワンダ青年海外協力隊

世界一過酷なルワンダのキガリマラソンに挑戦!特訓します。

time 2016/05/03

5月22日にルワンダの首都キガリで行われる「キガリマラソン」に出ることにしました(ハーフで)。

ルワンダは「千の丘の国」と呼ばれるほど起伏の激しい土地で、このキガリマラソンは「世界一過酷なマラソン大会」という異名がついております。

勘の良い読者のみなさんはお気づきのことと思いますが、「世界一過酷なキガリマラソン走ってみた」というブログを書きたいだけです。

でも出るからには良い結果を出したいので、ちゃんとトレーニングしますよ。

ランニングしよう!

ということで、さっそくランニング再開しました。

近所のランニングコース。下のグラフのカラフルな線が速度、影になっている山が高度を表してます。

IMG_9509

近所を走るだけでトレイルラン状態高低差130mですからね。一番高い所は1,700m以上あるので普段から高地トレーニングしてるようなもの。

最後の登りは普通に登山なので超しんどいです。いまはここは歩いてますが、本番までには走りきれるようになろうと思います。

以前一度だけ日本でハーフマラソンに出たことがあって、その時のタイムは1時間42分でした。

984057_10201386558655698_1867109807_n

1487人中の391位だったので、まあまあ良い結果でした。

記録更新!と行きたいところですが、今回はコースがもっとキツいはずなので目標は2時間以内で。

この時の「ひがしね(山形)さくらんぼマラソン」は、道端で農家のおじいちゃんおばあちゃんが手渡してくれるさくらんぼを食べながら走って、ゴールしたら美人なのかどうかいまいち分からないミスさくらんぼ的な人が笑顔で出迎えてくれて、山形県産のお米「はえぬき」でつくったおむすびをもらえるっていう、なんとものほほんとしたマラソンだったのでキガリマラソンとはタイム比較できないですしね…。

576825_10201386559055708_2038067484_n
それでも練習不足がたたって会社の同期(右)とフラフラになりながらドラッグストアに「一番効く湿布ください!!」って買いに行った覚えがあります。楽しかったな。

走るのはわりと得意なのできっと今回も大丈夫だと思いますが、ここで重大な問題が…。

それはまた次の記事で。

タケダノリヒロ(@NoReHero

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

IT・SNS

note - 千の丘の国から

コミュニティ開発・活動記録

恋愛

青年海外協力隊

タケダノリヒロ

タケダノリヒロ

1989年生まれ。16年1月より青年海外協力隊としてルワンダで活動中。コミュニティ開発隊員として水問題に取り組みながらブログ更新してます。Africa Quest. comライターとしても執筆中。 ※当ブログ記載内容はJICAおよび青年海外協力隊の見解ではなく、個人の見解です。 [詳細]

ルワンダ生活残り2018年1月月11日
あと9 ヶ月です。