[:ja]ルワンダノオトとは?~このサイトについて~[:en]About us – Rwanda note[:]

[:ja]『ルワンダノオト』は、現地在住者によるルワンダ情報専門サイトです。

ルワンダノオトの意味

『ルワンダノオト』というサイト名にはふたつの意味を込めました。

ひとつは「ルワンダ」+「ノート」

そしてもうひとつが「ルワンダ」+「音」

「アフリカの奇跡」と呼ばれるほどの経済発展を遂げているルワンダは、劇的な変化の過程にあります。おそらく、5年後、10年後にはまったく違った姿を見せていることでしょう。

そんな過渡期にあるルワンダの「今」の姿を、ただの無機質な文字情報としてではなく、「音」が聴こえてくるほどリアルな熱量をもって届けたい

現地に住んでいる者だからこそ分かるルワンダを、あなたの知らないルワンダを伝えたい。

そのような想いを『ルワンダノオト』に込めています。

ルワンダ情報はこれを読めばOK!

『ルワンダノオト』が目指すところは、「これを読めばルワンダのことは大体わかる!」というレベルの網羅性です。

我々がルワンダに来る前は現地の様子がわかるサイトも少なく、青年海外協力隊の方々のブログからの情報がとても頼りになりました。

このサイトは、一度もルワンダに来たことのない方でも、なんとなく生活や旅行、仕事のイメージが掴めるようなサイトにしたいと思っています。

まだまだ情報が少ないので、そんな頼れる情報源を目指して更新していきます。

運営者

当サイト『ルワンダノオト』は、現在2名で共同運営しています。

タケダノリヒロ

青年海外協力隊として、2017年1月から東部県ルワマガナ郡ムシャセクターという村でコミュニティ開発(特に水・衛生環境の改善)に携わっている者です。

写真はクマがあるように見えますがこれが平常運転です(ルワンダの農村で夜も眠れないほどの過酷な労働を強いられているわけではございません)。

当初は個人的な雑記ブログとしてはじめた当サイトですが、協力隊の任期終了後も「ルワンダに戻ってきたい」という想いが高まったのを機に、ルワンダ情報専門サイトとしてリニューアルしました。

「こんなサイトを運営しているということは、この人はよっぽどルワンダのことが好きなんだな」とお思いかもしれませんが、残念ながら、決してそうではありません(違うんかい)。

この国に対してネガティブな感情を抱くことも少なくありませんし、私よりもルワンダのことを愛している方はたくさんいらっしゃいます。

それでも、これまでに私のもとを訪れてくださった方々がルワンダの魅力――温かい人々、綺麗な丘と星空、美味しい食事、清潔で住み心地のよい街――を知り、「来てよかった」「ここに住みたい」と言ってくださったときは、自分でも驚くほどの喜びを感じていました。

だから、「ルワンダが好き」と言うよりは「ルワンダを好きになってもらうのが好き」と言ったほうが正しいのかもしれません(ツンデレかよ)。

「ルワンダってイイとこだね!」「ルワンダって面白そう!」と思ってもらえれば私もハッピー。なのでこのサイト運営は自分のためでもあるんです。

「アフリカやルワンダに行ってみたいけど、機会がないんだよなー」という方、「前にルワンダに行ったことがあるけど、いまはどうなってるんだろう」という方、「これからルワンダに行くんだけど、どんなところだろう」と思っている方――

そんな方々の中からひとりでも多くの「ルワンダ好き」を生み出すことが、私がこのサイトを運営する目的です。

各種SNSやってるのでフォローしてもらえると嬉しいです!

Facebook

Instagram

根本晃

(準備中)

ルワンダ情報が気になった方は、ぜひ当サイトをチェックしてみてください!

記事にするほどでもない日々の気付きや更新情報はTwitterでも配信中です!

Murakoze cyane(Thank you very much)!!

 [:en]”Rwanda note” is a Rwanda information specialized site by local residents.

The meaning of “Rwanda note”

The meaning of “Rwanda note” has two meanings.

One is “Rwanda” + “Note”.

And the other is “Rwanda” + “sound”(in Japanese “oto”).

Rwanda, which has undergone an economic development called “a miracle of Africa”, is in the process of dramatic change. Perhaps five or ten years later it will be totally different.

I want to deliver Rwanda’s “now” in such a transitional period just like “sound” comes to be heard.

I want to tell Rwanda’s information which only local residents can know.

Such feelings are put in “Rwanda note”.

Enough information of Rwanda is here!

The aim of “Rwanda note” is to cover the level that you can understand Rwanda roughly and generally.

Before I came to Rwanda, there were few sites that showed the local situation, and the information from the blogs of the people of the Japan Overseas Cooperation Volunteers was very reliable.

I’d like to make this site that people can grasp the image of life, travel and work in Rwanda for even those who have never been here,

Since there is still less information, I will update it with the aim of becoming a reliable source.

Editors

This site “Rwanda note” is operated by two people right now.

Norihiro Takeda

As a Japan Overseas Cooperation Volunteer(JOCV=JICA voluntter), I have been involved in community development (especially water and sanitation environment) in the village of Musha sector in Ruwamagana District, Eastern province from January 2017.

Originally this site started as a private miscellaneous blog, but I have renewed as a Rwanda information specialty site.

Some people might think that “This guy must love Rwanda very much,” but unfortunately, it is not so.

I sometimes have negative emotions to this country, and there are many people who love Rwanda more than me.

Nonetheless, people who have visited me so far have found the charm of Rwanda – warm people, beautiful hills and starry skies, delicious meals, a clean and comfortable city – when they said “I want to live here”, it made me happy

So it may be correct to say “I love to make people love Rwanda” rather than saying “I love Rwanda.”

I’m also happy if you think “Rwanda is fantastic!” “Rwanda seems to be interesting!”

To create such a lot of “Rwanda lovers” is the purpose to run this site.

Hikaru Nemoto

(Coming soon)

Those who are interested in Rwanda information, please check this site by all means!

Daily casual notice and updating information are on Twitter too!

The existing articles are written in Japanese, but upcoming ones are also written in English.

Please look forward to meeting fresh information from the country of a thousand hills.

Murakoze cyane(Thank you very much)!![:]