LOVE

愛とは、他者を経由した自己肯定である

ただいま遠距離恋愛中です。彼女とは、基本的に毎日電話で連絡を取り合っています。ふたりともアフリカに住んでいますが、国は違っても幸い時差はないので話すのはいつも寝る前

その日起きた出来事、明日の予定、最近の職場や同僚の様子ーーなどなど。取るに足らないことばかりですが、気づけばいつも1時間くらいはあっという間に経ってしまっています

嬉しかったこと

この前、彼女に言われてすごく嬉しいことがありました

「昨日も今日もこうやって電話してるときが1日で一番笑ってる気がする」

それはそれは光栄なことで。ありがとうございます

くだらない話

笑ってもらったと言っても、ほんとくだらない話

「最近自転車に乗り始めたけど、乗りすぎてお尻が痛いんだよね」

「痔になっちゃうんじゃない?」

「まじで??自転車乗りすぎたら痔になるの??検索してみるかな『自転車 痔』って」

『自転車 痔』笑 別に痔持ちの彼氏でもいいけど、デートのとき気を遣うから気をつけてね」

「もしそうなったら、あの穴が開いたドーナツ型のクッション持ち歩かなきゃな」

「持ち歩く用の大きい袋が必要だね」

「高級レストラン行った時とか、バッチリスーツで決めてるのに颯爽と痔クッションを取り出す彼氏ってどうなの」

「しかもちょっと座高が高くなりそう笑」

「遊園地でジェットコースター乗るときにお尻に敷いてたら『お客様…あの…安全のためそういったもののご使用はお控え願います…』とか言われるんかな」

みたいな

自分大好き人間なのに

「痔」はこのところの我々の間ではホットトピックなんですが、さすがに毎日痔の話で持ちきりなわけではありません。とは言え、電話をしているとき以外でも「この話したら笑ってもらえるかな」とか「これ彼女に伝えたいな」とか考えながら過ごしています

ぼくはもともと自分大好き人間で、あまり他人のことには興味がなく、時間や労力を他人のために割くくらいなら自分のために使いたいと思うような人間でした

その考え方からいくと、毎日彼女としている電話なんて、悪い言い方をすれば「無駄話」でしかないはず。なのになんで嫌じゃないんだろう、むしろなんで楽しいと思えてるんだろうと考えていました

愛とは、他者を経由した自己肯定の状態

そこで思い出したのが、以前このブログでも紹介した小説家の平野啓一郎さんの言葉

愛とは、相手の存在が、あなた自身を愛させてくれることだ。そして同時に、あなたの存在によって、相手が自らを愛せるようになることだ。

引用元:『私とは何か 「個人」から「分人」へ』平野啓一郎

これは「一人の人間の中には、複数の分人が存在している。両親との分人、恋人との分人、親友との分人、職場での分人、……あなたという人間は、これらの分人の集合体である」という「分人主義」という考え方にもとづいています

愛とは「恋人との分人」である自分を好きになれること、これを著者は

愛とは、他者を経由した自己肯定の状態である

引用元:『私とは何か 「個人」から「分人」へ』平野啓一郎

とも言っています

結局自分のためだから一生懸命になれる

そうか、と。自分大好き人間である自分が、彼女に対してこんなに時間や労力を惜しまずに使えるのは、彼女と接している自分が一番好きだからなんだと納得しました

アフリカでボランティアなんてやってるので、傍目に見れば聖人君子のように思われるかもしれませんが、それも「困っている人を助けたい」というよりは「そのために働いている自分が好き」だからです

全部自分のため。そう言ってしまうと聞こえは悪いですが、ものすごく腑に落ちました。だって人間だもの。自分のためになることなら一生懸命になれるのは当たり前ですよね

誰といるときの「自分」が好きか?

彼女が熱を出した時は心から看病したいと思ったし、治安の悪い地域に行くときは大丈夫かなと心配になりました

それが彼女じゃなかったら「心配だけど離れてるから別に何か出来るわけじゃないしな」「不安だけど自分が心配したところでどうにもならないしな」ともっとドライに考えてたはずなので、そんなに優しい気持ちを持てた自分自身にすこし驚きました

やっぱりそんなドライな自分よりも、他人のことを考えられる自分の方が好きなので、彼女と付き合うことによって少しはまともな人間になれてるな、自己肯定させてもらってるなーとしみじみ思ってしまいました

前述の平野啓一郎さんは、こんな問いかけもしています

今つきあっている相手が、本当に好きなのかどうか、わからなくなった時には、逆にこう考えてみるべきである。その人と一緒にいる時の自分が好きかどうか? それで、自ずと答えは出るだろう

引用元:『私とは何か 「個人」から「分人」へ』平野啓一郎

結婚しても「奥さん(または子ども)と一緒にいるときの自分が一番好きだな」と言えたら素敵ですよね

あなたは、今付き合っている相手と一緒にいる時の自分は好きですか?

タケダノリヒロ(@NoReHero

「遠距離恋愛男子の日記」シリーズ

遠距離恋愛の掟。無条件に好きでいてくれると思うなよ

「どんな人とでも恋に落ちる36の質問」を彼女とやってみた

遠距離恋愛中の男女が99%共感する歌 – My Special Day /Dew

長続きする遠距離恋愛のコツはお酒!?カップルでスカイプ飲みをしよう

「付き合う」とは、意味のないことに意味をもたせることである。

遠距離恋愛のコツ。「おはよう」ってちゃんと言ってますか?

遠距離恋愛のコツ。彼女と「ながら電話」するやつはダメ男です

遠距離恋愛のメリットは「ふつう」を楽しめること

愛とは、他者を経由した自己肯定である〜遠距離恋愛男子の日記〜

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

関連記事

  1. BOOK

    女子の「大丈夫」は「大丈夫じゃない、今すぐ来い」

    作家のはあちゅうさんのKindle本が2日間限定で無料になってたので、…

  2. BOOK

    『ワーキングカップルの人生戦略』要約・感想・共働き小ワザ5選

    【2017/02/15 更新】ワーク・ライフ・バランスの小室さ…

  3. LOVE

    長続きする遠距離恋愛の秘訣はお酒!?カップルでスカイプ飲みをしよう

    青年海外協力隊の遠距離恋愛コンサルタント、タケダノリヒロ(@NoReH…

  4. LOVE

    同性愛を暴露され大学生自殺。恋愛を性別で区切るのはもう止めよう。

    大学生がゲイであることを暴露され、自殺してしまうという事件がありました…

  5. LOVE

    石原さとみに学ぶモテ仕草!人より3秒長く笑って好感度アップ!

    今月からサービス開始したKindle Unlimited。特にありがた…

  6. LOVE

    最高に余韻に浸れる映画『ビフォア・サンセット』感想

    終わった瞬間「えー!!!」って思わず叫びました。ここで終わりか…

月刊『IRODORI』2017年11月号

ARCHIVE

  1. AFRICA

    アフリカ・ホームステイ体験記(勝田翔一朗さん)~人の行き来が最大のプレゼント~
  2. BOOK

    『知的戦闘力を高める 独学の技法』書評・要約・感想~勉強好き必読の書~
  3. AFRICA

    ルワンダでフライドポテト売ってみた〜はじめての雇用創出 編〜
  4. AFRICA

    海外在住者が「がんばれない」理由。外国語環境で脳は想像以上に疲弊する。
  5. AFRICA

    動画「『学校?そんなの関係ねえ!』盛り上がりすぎなアフリカ・ルワンダの歌とダンス…
PAGE TOP