BLOG

先着5名でメンバー募集!青年海外協力隊ブログサロン始まるよー!

青年海外協力隊のタケダノリヒロ(@NoReHero)です。

このたび、青年海外協力隊ブロガー向けのオンラインサロンを立ち上げることになりました。

名づけて「青年海外協力隊ブログ部」

部活みたいにみんなでわいわい楽しみながら、自分もブログも伸ばしていけたらいいなと思い、この名前を提案したら採用されてしまいました。

響きが良いですよね。ブログ部。

今回はそのメンバー募集のお知らせです。

現メンバーは?

部長(?)はネパール27年度1次隊のKei Kawakita。

現役隊員ブロガーとしてはKeiさんがナンバーワンでしょう。上記リンク先がKeiさんのブログです。

それから、同じルワンダ27年度3次隊の根本晃と、

hinemoto1231.com

同じく27年度3次隊でマラウイ隊員のさっちゃんもメンバーになってます。

blog.livedoor.jp

初期メンバーはこの3名+ぼくの計4名。

Image-1

↑こんな感じのスタイリッシュなサロンです。

はい。

ブログ部のメリット3つ

「ブログ部ってなに?」「入ったらどんなメリットがあるの?」と思いますよね。

詳しくは先述のKeiさんの記事を読んで頂ければ十分わかりますが、まとめるとこの3つ。

①「読まれるブログ」にするノウハウをシェアしよう!

②仲間ができる!連動企画も!

③活動の悩みを共有しよう!

ぼくが特に楽しみなのは、②の仲間ができること。

国や隊次や職種に関係なくブログを通じて知り合って、一緒に面白いことをやっていければいいなと思っています。

協力隊はなぜブログをやるべきなのか?

ぼくは余程のことがなければ、毎日ブログを書いています。

「よくそんなに書けるな」「なんでそこまでして書くの?」と思われるかもしれません。

でも、ぼくにとってブログはもはや無くてはならないものなんです。

ぼくが感じている、「青年海外協力隊として」ブログを書くメリットはこの3つ。

①活動を振り返ることが出来る・次の一歩が見える

②アドバイスをもらえる

③出会いがある

振り返り・次の一歩に

青年海外協力隊として活動している内容は、必ずブログに残すようにしています。

ぼくの好きなマンガ『ちはやふる』の受け売りですが、

世の中には 結果より努力が大事って考え方もあるが 指導者にも生徒にも それは本当は苦しいんだ
「がんばった」も「きつかった」も風のように流れていってしまう
「結果」は石なんだ 「がんばった」を留めておいてくれる石
そして―― 「結果」は集めるんだ 強い追い風を

引用元:ちはやふる 20巻

協力隊の活動で「結果」が出ることなんて、まあないですよね。

ぼくの場合だったら、地域の水因性疾患の発症率を◯%下げるとか、公共水栓を◯箇所改善するといったことが「結果」になるわけですが、その道のりは果てしなく遠いです。

でも、日々の活動をブログという形で記録しておけば、過程そのものを小さな「結果」として残しておくことが出来ますよね。

そしてその振り返りをしている最中に、頭が整理されて次の一手が浮かんでくることもしょっちゅうあります。

活動が比較的うまく行っているのもブログのおかげと言っても過言ではないです。まじで。

アドバイスをもらえる

活動で躓いていることや悩んでいることを書くと、TwitterやFacebookを通じて協力隊以外にも世界中の方々からアドバイスをもらえます。

これが本当に助かる。

ぼくは何の専門性もない素人ボランティアなので、プロとしての知識や経験を持っている方から助言頂くことで、自分の見識を広めることが出来ています。

ブログが読まれれば読まれるほど、応援してくれる人が増えるんです。

だからぼくはこのブログをもっと育てていきたいと思っています。

出会いがある

決してブログを通じて色恋沙汰を求めているわけではありません(可愛い彼女がいるので間に合ってます)。

ただ、有り難いことに「ブログ読んでます。会いたいです!」と言って頂けることが増えてるんです。

来月・再来月は、ブログを読んで連絡を下さった方とルワンダで会う予定。

ブログをやってなかったらこんな出会いは絶対にありませんでした。

おかげで自分の世界を広げることが出来ています。

ありがとう、我がブログ。

ということで、青年海外協力隊ブログ部の宣伝でしたー。

 

ブログを既に始めている方で、「もっと本格的にやりたい!」という方はブログ部で会いましょう。

あ、先着5名なのでお早めにー(もう埋まってたらごめんなさい)。

興味のある方はこちらからどうぞー。

タケダノリヒロ(@NoReHero

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

関連記事

  1. JICA・JOCV

    教育は種蒔き。人を育てる成果など、いますぐ分かるわけがない。

    アフリカのルワンダに住んでます、タケダノリヒロ(@NoReHero)で…

  2. JICA・JOCV

    小学校で衛生クラブ組織化!…のはずがノープラン授業

    ルワンダ青年海外協力隊のタケダノリヒロ(@NoReHero)です。…

  3. JICA・JOCV

    ルワンダ水問題を救う!自作ソーラークッカー10個のメリット

    青年海外協力隊として、アフリカ・ルワンダにあるムシャセクターという地域…

  4. JICA・JOCV

    ルワンダで社会起業するとしたら?水問題を解決する3つのアイデア

    青年海外協力隊としてルワンダで活動中のタケダノリヒロ(@NoReHer…

  5. JICA・JOCV

    衛生啓発ワークショップ・ペットボトルで簡易手洗い器づくり!

    ルワンダ青年海外協力隊のタケダノリヒロ(@NoReHero)です…

  6. JICA・JOCV

    ルシ通信⑥嬉しすぎる!小学校の衛生クラブ本格始動!

    ルワンダ青年海外協力隊のタケダノリヒロ(@NoReHero)です。…

月刊『IRODORI』2017年11月号

ARCHIVE

  1. AFRICA

    旅番組風ルワンダ動画『地方の店ってどんなとこ?』〜コンビニ&レストラン編〜
  2. AFRICA

    旅が好きな人はやさしい
  3. LIFE

    国際協力の原点とこれから~海外ボランティア体験の場づくり~
  4. BLOG

    ブログの価値を高める4ステップ~PVからコンバージョン(愛着)へ~
  5. AFRICA

    ルワンダでフライドポテト売ってみた〜はじめての雇用創出 編〜
PAGE TOP