タケダノリヒロ.com

アフリカ・ルワンダ在住者の【音楽×読書×生き方・はたらき方】ブログ

ポケモンGOがプレイ出来たルワンダ在住男子の喜び

time 2016/07/25

ルワンダ青年海外協力隊のタケダノリヒロ(@NoReHero)です。

ついに、プレイ出来ました…。ポケモンGO。

今週は、首都のキガリで語学研修を受けています。

そのため首都から1時間ほど離れた自宅のある山を下りたんですが、下界ではあっさりポケモンゲットすることが出来ました。

自宅周辺にて

昨日までは、キャラクターが一歩も動きませんでした。

詳細はこちらに。

ポケモンGOがプレイ出来ないルワンダ在住男子の悲しみ

今日は遠出するので、絶好の実験日和です。

まず家を出て、最寄りのバス停まで向かいます。

歩くこと約10分。

はじめてキャラクターが動いた…!!それだけで感動。

ヒトカゲ、ゼニガメ、フシギダネを無視して歩き続けると…

ぴかー!

無事ゲットできましたー。

Screenshot_2016-07-25-06-48-21

ピカチュウー会いたかったよー可愛いなー

それからバスに乗ってキガリに向かいましたが、道中は一切ポケモンには出くわさず。

車に乗ってると出ない?それとも田舎だから?

首都キガリにて

首都のキガリにやってきました。

研修場所はカチールのとあるホテル。休憩時間にポケモンGOを開いてみると、何やらキラキラした建物が!

どうやら青いダイヤみたいのが「ポケストップ」で、タワーのようなものが「ジム」と呼ばれるものらしい。

先進国でプレイしてるみなさんはとっくにご存知なんでしょうが、ポケストップ&ジムとは…

ポケストップとは

ポケモンを捕まえるために使うモンスターボールは、マップ上に現れる『ポケストップ』と呼ばれる、特定の場所で手に入れることができます。『ポケストップ』ではモンスターボールのほか、さまざまな道具が手に入ります。せっかくポケモンに遭遇できても、モンスターボールがなくて捕まえられない! ということがないように、多くの『ポケストップ』に立ち寄って、モンスターボールをたくさん手に入れておこう。
『ポケストップ』は、世界中のあらゆる場所にあります。名所旧跡や有名なモニュメントなどはもちろん、普段気にしていなかった身近なあの場所も、実は『ポケストップ』かも?

引用元:『Pokémon GO』公式サイト

要は、ポケストップとはモンスターボールをはじめとするアイテムが手に入る場所ってことですね。

実在する名所旧跡や有名なモニュメントが利用されているのは『ポケモンGO』の前身ゲーム『Ingress』の特徴を受け継いでいますね(開発しているのも同じNiantic)。

ぼくはIngressをルワンダでプレイしたことはありませんが、どうやらIngressの位置情報がそのままポケモンGOにも活かされているようです。

ポケストップは遠くからタップするだけではダメで、ちゃんと近くまで行かないとアイテムを手に入れることは出来ませんでした。

今日はみっちり研修で時間がなかったのでこんど行ってみます。

ジムとは

『ジム』に、プレイヤー(自分)のポケモンを配置すると、その『ジム』に所属できます。『仲間チーム』の『ジム』か、どのチームのポケモンも配置されていない『ジム』(『無所属のジム』)に、ポケモンを配置することができます。『無所属のジム』に、ポケモンを配置すると、その『ジム』はプレイヤーが参加しているチームのものになります。『仲間チーム』の『ジム』をどんどん増やしていこう。

引用元:『Pokémon GO』公式サイト

3つのチームに分かれて、陣取り合戦を繰り広げるんですね。これもIngressの特徴を継承してます。

ジムをタップしてみたものの、「レベル5になってから来てくれ」と追い返されてしまいました。

ここでポケモンを使って敵チームと戦うようです。

プレイヤーは別のチームの『ジム』に、『ジムバトル』を仕掛けることができます。捕まえたポケモンを6匹選んで、『ジム』に配置されているポケモンに、バトルを挑もう。
ポケモンが戦う白熱の『ジムバトル』。ポケモンが持つ2つの技を使って、相手のポケモンと戦います。相手のポケモンからの攻撃は、画面を左右にスワイプして避けよう。
『ジム』に配置されたポケモンを倒すと、『ジム』の『名声』の値が下がります。『名声』がゼロになった『ジム』には、ポケモンを配置できるようになり、『仲間チーム』の『ジム』にすることができます。

もちろん、『仲間チーム』の『ジム』に、別チームのプレイヤーから『ジムバトル』を挑まれることもあります。1つの『ジム』には、1プレイヤーにつき1匹までしかポケモンを配置できません。他のプレイヤーと協力して複数のポケモンを『ジム』に配置し、『ジム』の防御を固めよう。

『仲間チーム』の『ジム』では、『ジム』に配置されたポケモンとトレーニングすることで、『名声』の値と『ジム』のレベルを上げることができます。『ジム』のレベルが上がると、より多くのトレーナーが『ジム』に所属し、ポケモンを配置できるようになります。

引用元:『Pokémon GO』公式サイト

いまのところポケモンを捕まえるときはただモンスターボールを投げるだけで、一切戦闘がなかったので「もしかして捕まえるだけ…??」と不安だったんですがちゃんと対戦要素もあるんですね。

はやく戦ってみたいなー。

今日の成果は?

研修が終わって帰りのバスをレメラのバス停で待っていると、続々とポケモンが…!!

1時間ほどの間にこれだけ捕まえることが出来ました。

計6種類10匹。ケーシィはちょっと嬉しい。

夕方、自宅のある村まで戻ってきました。

今朝ピカチュウを捕まえた道で再度立ち上げてみましたが、ポケモンは一切出ませんでした。やっぱり最初のポケモン以外は田舎じゃ出ないか…。

とは言え、アフリカでも首都だったらこれだけ捕まえることが出来るんですねー。

運良く今週は金曜まで首都で研修なので、都会でポケモンマスター目指してがんばります(もちろん研修中はルワンダ語の勉強がんばります)。

タケダノリヒロ(@NoReHero)

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

タケダノリヒロ

タケダノリヒロ

1989年生まれ。アフリカのルワンダでボランティア(青年海外協力隊)やってます。Africa Quest. comライターとしても執筆中。 音楽×読書×恋愛×生き方・はたらき方→『タケダノリヒロ.com』 ルワンダ情報専門サイト→『ルワンダノオト』 ※当ブログ記載内容はJICAおよび青年海外協力隊の見解ではなく、個人の見解です。 [詳細]