タケダノリヒロ.com

アフリカ・ルワンダ在住者の【音楽×読書×遠距離恋愛】ブログ

友達は減ったほうがいい

time 2016/06/29

友達は減ったほうがいい。

”とも-だち【友達】 互いに心を許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。友人。朋友 (ほうゆう) 。友。「―になる」「遊び―」「飲み―」”

引用:goo国語辞書

「互いに心を許し合って、対等に交わっている人」「一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人」が友達なら、友達は減ったほうがいい。

人は歳を取るほどに、能力や技術、学歴や立場、地位や価値観などを身に着けていく。まるでRPGで魔法を覚えて、武器や防具を揃えていくみたいに。

旅が進むに連れ、魔法も装備もレベルアップしていく。自分は「てつのよろい」を手に入れられたのに、友達は「かわのよろい」しか持っていないかもしれない。

その友達に合わせてずっとスライムと戦っていられるかと言うと、そうじゃない。

もう対等には交われない。一緒に遊んではいられない。

でも、主人公にはラスボスを倒すという使命がある。先に進まなきゃ。人生はいつまでもセーブ出来るわけじゃない。

だから、友達は減ったほうがいい。

友達が減ったからと言って、悲しむ必要はない。

それは自分か友達どちらかのレベルが上がっている証拠だから。

もしくは、自分か友達どちらかが次のステージに進んだ証拠だから。

もしくは、ふたりとも違うステージに進んだのかもしれない。

それならどっちにしても喜ぶべきことでしょ。

友達が減ったからと言って、悲しむ必要はない。

きっとまた次の場所で新しい友達が出来るから。

でも、いつかはその友達も友達じゃなくなるかもしれない。

それは、さすがに悲しいかな。

でも、「友達」は減っても、「仲間」は絶対に減らない。

ステージが進むごとに、仲間は増えていく。

勇者、魔法使い、僧侶、魔物使い、踊り子、吟遊詩人、遊び人…。

仲間は自分にないものを持っている。

だから自分より強い敵だって倒すことが出来る。

敵を倒したら、そいつが仲間になることだってある。

自分の代わりに攻撃してくれるかもしれないし、傷ついたときは回復魔法をかけてくれるかもしれない。

お互いに瀕死の状態になることもあれば、会心の一撃を食らわせることもあるかもしれない。

ラスボスを倒した後も、一緒にレベル上げに励むことだって出来るかも。

 

だから友達が減ったなら、仲間を増やしていけばいい。

 

そうやって、進んでいけばいいんだよ。

『MOTHER』シリーズの場合は仲間じゃなくて「ともだち」だけどね。

タケダノリヒロ(@NoReHero

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

コミュニティ開発・活動記録

恋愛

タケダノリヒロ

タケダノリヒロ

1989年生まれ。アフリカのルワンダでボランティア(青年海外協力隊)やってます。Africa Quest. comライターとしても執筆中。 音楽×読書×恋愛×生き方・はたらき方→『タケダノリヒロ.com』 ルワンダ情報専門サイト→『ルワンダノオト』 ※当ブログ記載内容はJICAおよび青年海外協力隊の見解ではなく、個人の見解です。 [詳細]