MUSIC

スカパラとさかなクンに学ぶ、6つの大人の男の格好良さ

この動画が格好良すぎて、何回も観てしまいます。

6月10日に、スカパラのYouTube公式チャンネルにアップされたものです。

この曲とスカパラ×さかなクンのコラボはTVCMでも流れていたようなので、ご存じの方も多いかもしれませんね。

秀でた技がある。しかも時にはふたつ以上。

デキる男は格好良い。スカパラはそれぞれのメンバーが各楽器のスペシャリスト。

一人一人ソロを披露していくシーンは圧巻です。

そして「バスサックス」という意外すぎる特技をもつさかなクン。

楽器以外にもイラストレーターとして活躍するなど、才能あふれる方なんですね。ギョギョッ。

スーツが似合う

スーツが似合う男は格好良い。

ビシっとフォーマルに着こなしていたり、少しルーズに着崩していたり、スーツ姿がハマっている人には男であっても見惚れてしまいます。

仕事を楽しめる

仕事を楽しめる男は格好良い。

スカパラのみなさんにとっては演奏が仕事ですが、仕事を全力で楽しめる大人は素敵ですよね。

ぼくはこんな風に足が踊ってしまうくらいノリノリなキーボーディストが好きです↓

スクリーンショット 2016-06-17 7.38.14 1
スクリーンショット 2016-06-17 7.37.31

見ているこちらまで楽しくなってしまいます。

周りの人間をワクワクさせる

周りの人をワクワクさせられる男は格好良い。

次の曲はなんだろうと待ちわび、幕が開き、最高潮に盛り上がったところで突然のスペシャルゲスト。

そしてさかなクンの、普段のキャラクターからは想像がつかない演奏。

スクリーンショット 2016-06-17 7.44.20

「バスサックス、さかなクン!」(ドーーーン!!)の瞬間、しびれます。

可愛らしさと男らしさのギャップ

ギャップがある男は格好良い。

ものすごく腰の低い感じで登場するさかなクン。

スクリーンショット 2016-06-17 7.43.07

しかし演奏が始まると一気に男前に。

スクリーンショット 2016-06-17 7.44.01

終わったら、またいつものようにぴょんぴょん跳ねるように帰っていくさかなクン。

ギャップ萌えとはまさにこのこと。

いくつになっても攻めの姿勢

攻める男は格好良い。

『爆音ラブソング』という曲の歌詞の一部であり、ツアータイトルにもなっている『叶えた夢に火をつけて燃やす』。

スクリーンショット 2016-06-17 7.36.47

過去の栄光には囚われず、常に今を生きる。

夢を叶えてもそこで満足せずに、攻め続ける男でありたいですね。

スカパラのみなさんやさかなクンのように渋くてエロい大人の男を目指しましょう。

タケダノリヒロ(@NoReHero

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

関連記事

  1. MUSIC

    ジャスティン・ティンバーレイク『Can’t Stop the Feeling!』2016…

    ジャスティン・ティンバーレイクの3年ぶりの新曲。いつもは目を閉…

  2. MUSIC

    ミスチルRUN!ランニング&マラソン向け曲リスト~目指せハーフ2時間!~

    Mr.Children大好きタケダノリヒロ(@NoReHero)です。…

  3. MUSIC

    【大人パーティ】おうちでまったり・お洒落洋楽クリスマスソング16曲

    クリスマス、いかがお過ごしですか?クリスマスといえばサンタさん…

  4. MUSIC

    マーケティングは新世代バンドAwesome City Clubに学べ

    Awesome City Club(以下ACC)がまたまた素晴らしいP…

  5. MUSIC

    星野源×豪華バンドの『恋』ラジオで語った裏話!楽器の要は二胡!

    大人気ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌になっている、星野源の『…

  6. MUSIC

    ミスチルすごい歌詞の意味・解釈!好きな歌詞ランキングTOP10

    【2017/04/16 更新】好きなアーティストはいろいろあれど、…

ARCHIVE

  1. BLOG

    検索重視から手紙型のブログへ。ブログで10万PV達成して思うこと。
  2. BOOK

    『サピエンス全史』日本一わかりやすい書評・感想・要約~空白の地図を描こう~
  3. AFRICA

    旅番組風ルワンダ動画!第1話『近所を散歩してみた』
  4. AFRICA

    ルワンダ事件簿①来月から働く職場と住む家を見てきたけど不安しかない。
  5. BOOK

    私の本棚40冊!2017上半期に読んだ小説・ビジネス書・マンガを紹介
PAGE TOP