タケダノリヒロ.com

アフリカ・ルワンダ在住者の【音楽×読書×生き方・はたらき方】ブログ

一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を失う〜ルワンダ語再始動〜

time 2016/05/17

一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、 一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を失う。―吉田松陰

ルワンダ青年海外協力隊のタケダノリヒロ(@NoReHero)です。

冒頭の吉田松陰の言葉は、自分に向けたものです。

この1ヶ月、ルワンダ語を完全にさぼってました。

3月中旬〜4月中旬は、単語中心に勉強して、約1,500語ほど覚えました。

「ペラペラ」レベルに必要な語彙数は意外と少ない!〜英語・日本語・ルワンダ語他〜

4月中旬〜5月中旬は例文中心の勉強の予定だったんですが、当初立てた計画は全然こなせておりません。。

最低毎日3時間は勉強します

例文+単語 2時間

頓挫してしまっている例文暗記ですが、原因は欲張り過ぎたことだと思います。長めの文や、文法的に複雑なものまで一気に覚えようとして意欲を失くしてしまったので、簡単な例文を選別して少しずつ使えるフレーズを増やしていきます。

単語も、以前覚えたものをだいぶ忘れてきているのでおさらい必須。

会話+ラジオ 1時間

同僚や村の人たちに分からないことを聞いたり、ラジオをひたすら聞いたりする時間を増やします。

ただ、ラジオは聞き流すだけではあまり意味が無いので、「ながら聴き」ではなく集中して聴いたり、ディクテーション(書き取り)とかも試してみようかなとも思ってます。

なぜやるのか?

ルワンダでは英語を話せる人もいるので、必ずしもルワンダ語がなければ生活出来ないわけでも、ボランティアが出来ないわけでもありません。

ただし、自分が理想とする活動をするにはやっぱりルワンダ語は不可欠です。地域の人たちと直接話せるようになりたい。

それに、なにより話せた方がかっこいい

「他にもっと良い勉強法ないかな」とか、「どうやったらもっと楽しく出来るかな」とか考えてたんですが、うじうじ考えていてもまったく良いアイデアは出てこずただ立ち止まるだけになっていたので、とりあえず走りながら考えます。

急に語学力がアップする魔法なんてありはしないので、愚直にやっていきます。コツは「とにかくやる」こと。やれば伸びるのは間違いない!

一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、 一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を失う。

積み重ねていきましょう。

タケダノリヒロ(@NoReHero

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

恋愛

タケダノリヒロ

タケダノリヒロ

1989年生まれ。アフリカのルワンダでボランティア(青年海外協力隊)やってます。Africa Quest. comライターとしても執筆中。 音楽×読書×恋愛×生き方・はたらき方→『タケダノリヒロ.com』 ルワンダ情報専門サイト→『ルワンダノオト』 ※当ブログ記載内容はJICAおよび青年海外協力隊の見解ではなく、個人の見解です。 [詳細]