AFRICA

彼女に絵葉書を出してみた〜ルワンダから海外へ郵便を送る方法〜

ルワンダから、他国で同じく青年海外協力隊としてボランティアをしている彼女に絵葉書を出してみました。

郵便番号はおろかちゃんとした住所さえないルワンダ。

どんな郵便システムになっているのかもよく分かっていませんでしたが、意外と簡単に送ることが出来ました。ちゃんと届くかは分かりませんが。

ナショナル・ポストオフィスへ

葉書を出してきたのは、首都キガリにある”National Post Office”。

「ムムジ」と呼ばれる首都の中心街の端っこにあります。

この黄色い建物が郵便局です。

DSC_5453

中に入ると、銀行窓口のようにガラス窓の向こうに局員のお姉さんが座っています。

「この葉書を出したいんですが…海外でも出せますか?」

「どこに?」

「モザンビークまで」

「500RWF(約80円)」

限りなくそっけない対応でしたが、お金を払うと切手をもらえました。

ただ、切手が想像以上にデカい。予想の2倍ぐらいあり、おもいっきり住所に被ってしまいました。

IMG_9224
まあ大事な所は見えてるから届くかな…。

ルワンダの自宅に住所はないので、ルワマガナ郡で何人かの隊員と共有で借りているP.O.ボックス(私書箱)が自分の住所代わりになっています。

それも「P.O.BOX◯◯ Rwamagana, Rwanda」と非常にシンプルです。郵便番号などルワンダにはありません。

切手を貼ったものの、窓口のお姉さんは受け取る素振りを見せません。

「これどうすればいいんですか?」

「ん」

と言って隅においてある箱を指しました。これがポストか!

DSC_5448

左が海外、右が国内の他の県?のようです。青いプレートの下に投函口があり、そこに入れておきました。

その下には”UNKNOWN“の箱も。なんぞ。

DSC_5451

郵便の集荷時間。

DSC_5449

こんな感じで戸惑いながらも意外と簡単に葉書を出すことが出来ました。

 

ちゃんと届きますように。

 

っていう良い彼氏アピールでした。

タケダノリヒロ(@NoReHero)

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

関連記事

  1. AFRICA

    【閲覧注意】大量発生後バラバラ死する羽虫…羽アリがキモすぎる

    ルワンダ閲覧注意シリーズ第二弾。また気持ちの悪いものを見てしま…

  2. AFRICA

    あらすじ・感想『ガンジス河でバタフライ』7つの旅の素晴らしさ

    たかのてるこさんの『ガンジス河でバタフライ』を読みました。Amaz…

  3. AFRICA

    【閲覧注意】鶏の解体は残酷?可哀想?一部始終を見て頂いてきました

    ルワンダ青年海外協力隊のタケダノリヒロ(@NoReHero)です…

  4. AFRICA

    タンザニア・ティンガティンガ村でアート体験!料金・アクセスなど

    アフリカ・ルワンダ在住、タケダノリヒロ(@NoReHero)です。…

  5. AFRICA

    「そんなことも知らないの?」禁止条例。当たり前は人によって違う。

    とあるフレーズを放って、自己嫌悪になることがよくあります。「そ…

  6. AFRICA

    女性への「デカい」は褒め言葉?文脈の重要性

    異文化コミュニケーションにおいては、「言語」だけじゃなくて「文脈」を理…

月刊『IRODORI』2017年11月号

ARCHIVE

  1. LIFE

    やりたいことを整理する3ステップ~インプット&アウトプットの渋滞解消~
  2. AFRICA

    動画「『学校?そんなの関係ねえ!』盛り上がりすぎなアフリカ・ルワンダの歌とダンス…
  3. BOOK

    漫画『君たちはどう生きるか』あらすじ・要約・名言まとめ
  4. LOVE

    付き合うとは、意味のないことに意味をもたせること
  5. AFRICA

    アフリカ・ホームステイ体験記(勝田翔一朗さん)~人の行き来が最大のプレゼント~
PAGE TOP