タケダノリヒロ.com

アフリカ・ルワンダ在住者の【音楽×読書×生き方・はたらき方】ブログ

「ルワンダネームが欲しいなら○○しろ」出された交換条件とは

time 2016/03/24

日本人の名前はルワンダ人にとって覚えづらいらしく、青年海外協力隊の隊員のなかには「ルワンダネーム」を持っている人もいます。

同期の三代目J soulぴかりんは「soldier」という意味の「ンガボ」、むっつりイケメンのしんごは「love」という意味の「ルクンド」だそうです。ルワンダ人、ネーミングセンスありすぎです。

ぼくもルワンダネームが欲しくて何度かお願いしたことがあるんですが、スルーされ続けてきました。

先日、同僚に「ルワンダネームをつけて欲しいんだけど」と再アタックしたところ、とある交換条件を出されました。

どうしましょう。

rwandaname

まずは神父さんに相談だ

ルワンダネームについて他の隊員の話を聞くと、同僚からもらったとか、銀行の窓口で勝手に命名されたとか、ものすごく軽い感じでつけてもらってる人が多いようです。

それでぼくも気軽に大家であり隣人である神父さんに、頼んでみました。

「ルワンダネームつけて!」

「うーん、いいけどお祈りとか儀式とかしなきゃいけないよ

 

……本格的すぎるよ。

試着して「この服どうですかね?」って聞いた店員がドン小西だったみたいな感じですね。

「そんな簡単なもんじゃないよ」という言外のオーラをひしひしと感じたので、「好きな女性のタイプは?」という話題に変えました。

同僚にお願い

いつも気遣ってくれるイケメン獣医ノヴァンセなら適当につけてくれるだろうと思って、再チャレンジ。

「ルワンダネームつけて!」

「……ああ、オッケー。考えとくよ」

「……」

 

終了。

こんなに苦戦するとは…。

ランチタイムでみんなが集まってる時に、再々チャレンジ。

「ルワンダネームつけて!」

「いいわよ」

「おお!」

「私たちに何か料理を作ってもてなしてくれたらね。それがこの国の文化よ」

 

……ルワンダネーム獲得までの道のりは長い。

アイデア募集!

ということで、ホームパーティーすることになりました。

自宅に他人を入れることに抵抗はありますが、家に招くことが友好の証だという話もルワンダではよく聞くので、良い機会だと思ってやってみます。それでもっと仲良くなれるなら安いもんです。

とはいえ、問題は料理です。相手はSUSHIすら知らず、食に保守的なことに定評のある地方のルワンダ人。しかもここで手に入る材料は限られています。こんな記事も書きましたね。

【閲覧注意】アフリカで肉を買う怖さを君達はまだ知らない

今週末ちょうど首都キガリに上がるので、調味料とかいろいろ揃えて来ようかと思います。

いまのところメニューの有力候補は唐揚げか天ぷらですが、他に手軽に作れる日本食、何かないでしょうか?

みなさんのアイデアお待ちしてます。

タケダノリヒロ(@NoReHero

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

コメント

タケダノリヒロ

タケダノリヒロ

1989年生まれ。アフリカのルワンダでボランティア(青年海外協力隊)やってます。Africa Quest. comライターとしても執筆中。 音楽×読書×恋愛×生き方・はたらき方→『タケダノリヒロ.com』 ルワンダ情報専門サイト→『ルワンダノオト』 ※当ブログ記載内容はJICAおよび青年海外協力隊の見解ではなく、個人の見解です。 [詳細]