ルワンダノオト

ブログ×国際協力×遠距離恋愛@ルワンダ青年海外協力隊

11カ月目3.9万PV!人気記事とアクセス分析、ぼくがブログを書く理由

time 2017/02/01

11ヶ月目の運営報告です。もうすぐ1年!

おかげさまで今月も順調にアクセス伸びてます。

PV 39,280 (先月比+14%)

訪問者 27,581 (先月比+12%)

記事数 16 (先月比-8記事)

ドラゴンボールの戦闘力で言うと、ネイルさんぐらいですね(何人ネイルさんを知ってるんだろう…)

ブログPV数をドラゴンボールキャラクターの戦闘力で表してみた

今月の人気記事

3位

ルワンダで青年海外協力隊として活動している様子。

寄付でなく労働の対価を。先生は高校生!ルワンダ語レッスン開始!

2位

おもしろ便利アプリの紹介。

【衝撃】AIが顔写真を笑顔&魅力的に自動加工!アプリ「FaceApp」

1位

やっぱり恋愛系の記事はよく読まれます(特にリアルな知り合いの多いFacebookで)。

彼女の髪を乾かしたら幸せになれた

アクセス数分析

アクセス数増&記事数減

先月に比べると、PV自体は伸びたんですが、記事数は減ってます。先月が24で、今月が16。

やっぱり検索流入で読んでもらえる機会が増えてるのが原因のようです。

ガツガツ記事を書かなくてもアクセスが増えてるので、生産性が上がってきてます。

不安要素

とはいえ、いま検索流入の多い記事は流行りモノに関する記事なので、いずれ検索数も減るはずです。

最近ネオシティ・ポップ系バンドSuchmosがテレビで紹介されたり、アルバムが好調だったりして検索してこのブログに来てくださる方も増えてますが、もって数ヶ月かな。

漫画『この世界の片隅に』すず・周作・リン・哲の恋愛、傘と三角関係

サチモス・cero…ネオシティポップ12選〜星野源・大橋トリオ好きなら〜

星野源×豪華バンドの『恋』ラジオで語った裏話!楽器の要は二胡!

しかしながら、トレンドに関する情報は検索によるPV増加に対する即効性が高いのがこれでわかりました。

出るかどうか分からないバズを狙って記事を量産するよりも、こちらの方が確実です。

流行りをチェックするのは自分のためにもなりますしね。今後も新しい情報チェックしていきます。

書きたいときに書く!

今月の気付きは「書きたいときに書く」

今月はいろいろあって、記事数を抑えてました。

で、最初は意識的に抑えてたはずなのに、いざ「書きたい!」と思ってもなかなか書けなかったんですよね。

自分には「書くべきタイミング」があるみたいです。

「これネタになりそうだな」と思ったら、メモしたりタイトルだけ下書きしたりしてストックしておくんですが、今月はそれが何記事分も溜まってしまいました。

そうすると、後から書こうと思っても「これ、いま書きたい気分じゃないなあ…」とか「これ、いま書いても面白くなる気がしない…」とかってなっちゃうんですよね。

それで「書きたいのに書けない!」っていう妙なフラストレーションが溜まってしまいました。記事のアイデアにも消費期限があるんですね。入荷したらすぐ出さないと。

書きたいときに書く!

これを鉄則にしていきます。

ぼくがアクセス数にこだわる理由

「アクセス数にばっかりこだわりやがって」とまるで悪いことをしてるかのように言ってくる人もいます。

たしかにただ単にアクセス数にこだわっても何の意味もありません。

でも、ぼくはできるだけたくさんの人に読んでもらって、自分がやってきたことや、これからやっていきたいことを知ってもらいたいんです。

検索でたまたまサイトを訪れてくれた人が、ほかの記事も読んで「この人おもしろいからフォローしよ」ってなったら、自分だけではなくルワンダや青年海外協力隊のことを広めるきっかけになりますし、国際協力に興味をもってくれる人が増える可能性はありますよね。

記事を読んだことで価値観に共感してもらって、実際に知り合いになれた人もいますし。

宣伝になるし、仲間ができるし、自分のインプット・アウトプット力も高められる。ブログって、良いことづくしです。

これからもブログを活用して、いろんなことやっていきます!

タケダノリヒロ(@NoReHero

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

note - 千の丘の国から

コミュニティ開発・活動記録

ライフハック

恋愛

映画・音楽

タケダノリヒロ

タケダノリヒロ

1989年生まれ。16年1月より青年海外協力隊としてルワンダで活動中。コミュニティ開発隊員として水問題に取り組みながらブログ更新してます。Africa Quest. comライターとしても執筆中。 ※当ブログ記載内容はJICAおよび青年海外協力隊の見解ではなく、個人の見解です。 [詳細]