ルワンダノオト

ブログ×国際協力×遠距離恋愛@ルワンダ青年海外協力隊

リオ五輪・パラリンピック開幕!ルワンダの出場8選手まとめ!

time 2016/08/05

ルワンダ青年海外協力隊のタケダノリヒロ(@NoReHero)です。

いよいよリオオリンピック・パラリンピックが始まりますね。

ルワンダからはどんな選手が参加するのか気になったので調べてみました!

オリンピックには3競技から8人が、パラリンピックにはシッティングバレーボールで12人が出場するようです。

自転車

アドリアン・ニヨンシュティ(ロード)Adrien Niyonshuti

オリンピック奨学金を獲得後、チームとともにリオ五輪に向けて厳しいトレーニングに臨んだ。その後、全国大会で2位となる。ポーランドでの大会を終え、リオに向かう。

Adrien

ナタン・ビュクセンゲ(マウンテン)Nathan Byukusenge

ベルギーで1ヶ月間行われた国際大会(UCI Mountainbike Worldcup)に出場後、ルワンダで調整を終えようとしているところ。

Nathan

陸上

クローデット・ムカサキンディ(マラソン)Claudette Mukasakindi

Mukasakindi

ジャン・バティスト・シムケカ Jean Baptiste Simukeka

Simukeka

クローデットとジャン・バティストの2人は、ケニアで調整を終えたとのこと。

アンブロワーズ・ウイラジエ(マラソン)Ambroise Uwiragiye

Ambroise

オランダでトレーニング中。

サロメ・ニャイラルクンド(10,000m)Salome Nyirarukundo

Nyirarukundo

キガリ(ルワンダの首都)で調整中。

競泳

ジョハンナ・ウムルンギ Joannah Umurungi

Johanna

イーロイ・イマニラグハ Eloi Imaniraguha

Eloi

ルワンダオリンピック委員会のサイトでは、ジョハンナは「イタリアで調整中」、イローイは「バンコクで調整中」と書かれているが、ルワンダのニュースサイト『The New Times』ですでにリオ入りしたと報じられている。

Olympics: Imaniraguha, Umurungi arrive in Rio

参考:The Road to Rio 2016(ルワンダオリンピック委員会サイト。選手写真と情報はここから引用・和訳)

パラリンピック

パラリンピックにはシッティングバレーボール(座ったままプレーするバレー)のチームが出場するようです。

参考:Rwandan athletes in Rio unfazed by Zika threat – New Times

 

勝手な偏見で「ルワンダ人は海外トレーニングなんてしないんじゃないか」と思っていましたが、オリンピックレベルにもなれば世界中に飛んで大会に出たり調整したりするんですね。

「シッティングバレーボール」という競技があることも初めて知りました。

TVでルワンダの選手を見かけたら、ぜひ応援してあげてください。

タケダノリヒロ(@NoReHero

いいね!すると
更新通知を受け取れます。

Twitter で

note - 千の丘の国から

ライフハック

考えごと

青年海外協力隊

タケダノリヒロ

タケダノリヒロ

1989年生まれ。16年1月より青年海外協力隊としてルワンダで活動中。コミュニティ開発隊員として水問題に取り組みながらブログ更新してます。Africa Quest. comライターとしても執筆中。 ※当ブログ記載内容はJICAおよび青年海外協力隊の見解ではなく、個人の見解です。 [詳細]